QLOOKアクセス解析
イメージ画像
お問い合わせ

長引く店舗の空きでお困りのオーナー様へ

プロフィール写真これは、実際にいただいた東京都新宿区の店舗オーナーさまの声です。
あなたは、どうしてこのオーナー様が、
2年間も空室で、募集をかけても泣かず飛ばずの店舗を
賃料45.5%アップの繁盛資産にすることができたのか・・・。
その秘訣を知りたくありませんか??
長引く不景気を経て、超都心を除く一階店舗のオーナーさまの多くが、
長期空室に悩んでいます。
もし、あなたの所有している店舗が空室で、
以下のどれかひとつにでも当てはまれば、
「この秘訣」は間違いなくあなたのお役に立てることでしょう。

  • 店舗オーナーが儲かる時代は終わった
  • 景気が悪いから店舗が埋まらなくても仕方ない
  • 店舗だから出たり入ったりが頻繁なのは仕方ない
  • 住居ではないから1年空室が続いても仕方ない
  • 景気が悪いのだから賃料は高くならない
  • 店舗だから、店舗以外に使い道がない
  • うちは駅から遠いからテナントがつかなくても仕方ない
  • 裏通りで人通りが少ない店舗はテナントがつかない
  • 建物が古いからテナントから好まれない
  • 他ではうまくいったかもしれないけれど、「うち」は違う

確かに、アベノミクスで景気がよくなっており、
マンションやオフィスの空室率は改善している一方で、
超都心を除く一階店舗は、依然高い空室率が続いています。
そして、賃料相場も年々安くなっているのが現状です。


では、上記の悩みを抱えている店舗オーナー様が、
賃料収入でいい思いをすることができる時代はもう終わったのでしょうか?
せっかく持っている資産を、有効に活用する方法はないのでしょうか?
何かよい対策はないのでしょうか?


このレポートは、あなたのそんな悩みを解消してくれます。
お問い合わせ

プロの空室店舗解消コンサルタントです。

プロフィール写真

はじめまして。
私は空店舗解消コンサルタントの大神健志と申します。
私は23歳のときに不動産のコンサルティング会社に入社しました。
オーナーさまのために、命がけで25年間働き続けてきました。
バブルの崩壊、長引く不況、目先の景気に踊らされて起こるミニバブルとその崩壊・・・。不動産は常に金融経済に翻弄されて浮き沈みを繰り返していくのを生で体験しました。

その中で、心ならずも折角築いてきた資産をすべて失ってしまうオーナー様もいました。
一攫千金を狙って不動産経営で失敗して痛い思いをしたオーナー様、
また、親から受け継いだ資産を保持し続けることができないオーナー様もいました。
先祖代々住んできた店舗住居を守れず、悔しい思いをされるオーナー様も見てきました。

私は、不動産経営の業界に身をおくものとして、このままでよいのだろうか?
どうしたら、そんなオーナー様をお助けすることができるのだろうか?
絶対に不動産経営で失敗しない方法はないのだろうか?
そんなことを追求して続けてきて、いつのまにか25年が経過していました。
そして、今では空室対策アドバイザーとしてノウハウを確立し、
たくさんの方からの支持をいただいております。

【空室対策実績一覧】

不動産経営は出口戦略がすべて

私が空室対策アドバイザーとして活動していく中で、ひとつの信念を持つようになりました。
それは不動産経営は、出口戦略がすべてである、ということです。
これは、どれだけ時代がかわっても、一度も変わったことのない不変の事実です。
確かに時代は、ものすごい速さで流れています。
昨日までの常識が、今日通じなくなるのが、現在の経済情勢です。
不動産経営についても同じことがいえると思います。
しかし、この不動産経営=出口戦略がすべてだということは、一度も変わったことがない事実です。

つまり・・・
不動産経営の本質は変わらないということです。
ようするに店舗オーナー様の仕事は、店舗をテナントに貸して賃料収入を得つづけること、ということです。
そして、賃料収入さえ得られていれば、不動産経営で失敗することはありません。
当然といえば当然のことですよね。

賃料収入を絶やさない出口戦略とは??

賃料収入を継続するためには、常に時代の流れに応じて、移り行くニーズを掴み続ける必要があります。
例えば、今あらゆる著作物が電子タブレットで見ることが出来ますが、 10年前の印刷業界がそのことをわかっていたでしょうか?
その事実をわかっていた業者は、いまも変わらず業績を残しつづけているでしょうし、
そうでない業者は経営不振に陥り、軒並み倒産しています。

では、店舗オーナーであることはどうでしょうか?
確かに10年前までは、こんなにテナントが入らないことは想像できなかったことでしょう。
賃料はオーナーが決めるものでしたし、たっぷり保証金をとって貸してあげていたと思います。
ところが、いまは完全に時代が変わり、
店舗オーナーがただテナントを募集するだけでは十分な効果が出せなくなってしまったのです。
きっと、いままでどおりの募集活動をしている人は、

  • まったく市場からの反応がない
  • 反応があっても内見につながらない
  • 何件内見があっても申し込みがこない
  • 申し込みがあったとしても賃料や保証金、入居日を遅らせるなどの条件交渉が入る
  • 短期解約が多い

このどれかに当てはまるのではないでしょうか?


つまり、これからの店舗オーナー様は、市場のニーズをかぎ分ける力=マーケティング力が必要になるということです。
きちんと時代の流れを読んで、世の必要性に合わせたサービスを、「所有している店舗を通じて」提供する必要があるのです。
それこそが、賃料をきちんと確保するための出口戦略になるのです。

マーケティングに手を出さないでください!

矛盾するようですが・・・
だからといって、あなたがマーケティングを勉強する必要はありません。
時代が変わっていること、それに併せてオーナーとしての考え方を変えていく必要があること、
そして空室店舗を解消するのにマーケティングが、必要になること、
それらは間違いないですが、何もあなたがマーケティングをする必要はないのです。

もちろん、店舗や倉庫、マンションなどを100室も持っていれば、マーケティングを学ぶ必要はあります。
なぜなら、常にテナントや入居者が入れ替わるため、常にマーケティングし続ける必要があるからです。

しかし、所有している不動産が5棟10室未満の場合は、
マーケティングを活用している専門業者と組んだほうが効果的です。
自身でマーケティングを学んで実行するのは、非効率的だからです。
なぜなら、オーナー業でマーケティングが必要なのは、空室のときだけだからです。
また、マーケティングには実践経験が必要になりますが、
十分な経験を積むことができません。さまざまな事例を見ることもできません。
餅は餅屋なのです。

不動産会社や賃貸管理会社の行く末

デジタル化で印刷業者が淘汰されたように、
名門百貨店が次々に合併してしまったように、
紙広告がデジタル広告になってしまったように、
次は不動産関連会社がどんどん淘汰されていくと予想しております。

先にお伝えしたとおり、不動産経営にはマーケティングが必要です。
しかし、これまで不動産会社は募集活動をしていれば、テナントを獲得できていました。
そのため、不動産関連業者の中では、マーケティングの考え方が非常におくれています。

これからはマーケティングに優れた会社はどんどん伸びていき、
オーナーさまへの貢献をすることができて信頼を高めていく一方、
旧来のやり方から脱却できない業者は、オーナーさまの空室を解消することができず、
市場や景気のせいにして、信頼をなくすことでしょう。

その場所に適した対応をする必要があります。

一番初めに紹介した新宿区の店舗オーナーさまは、
店舗に260万円投資しバイクガレージに改修しました。
元々は印刷会社に賃貸し、賃料収入を月額95,000円得ていたのですが、
その印刷会社が退去した後は約2年間も空室が続いたのです。
賃料や保証金を下げても入居者はまったくつきませんでした。
そこで、私たちがマーケティング調査をした結果、
バイクガレージとして運用することが最大の利益をもたらすという結論になったのです。

    バイクガレージ経営をおすすめした理由
  • 該当地域でバイクガレージが不足していたため
  • 少しでもテナント料を高くしたかったため
  • 近隣の同様の店舗に空きが多かったため
  • 空室リスクを少しでも下げる必要があったため

ちなみにバイクガレージに興味がある方は、バイクガレージのススメをご覧ください。

結果、3ヶ月でほぼ満車となり、今では空車待ちが出る人気ガレージとなりました。
賃料は45.5%も上昇し、借主が10人もいるため、一度に全員が解約することはなく、
空室のリスクヘッジにもなっています。

そして、以下のような成果を手に入れることができました。

【投資費用】
施工費 2,600,000円
【収入】
14,040円×9台=126,360円 11,880円×1台=11,880円 月額合計 138,240円
集金代行手数料 1,080円×10台=10,800円
手取月額賃料 138,240円-10,800=127,440円
手取年間賃料 127,440円×12ヶ月=1,529,280円
【投資利回り】
1,529,280円  ÷  2,600,000円 =  58.81%
【初期投資回収概算期間】
20.40ヶ月
*施工費は、店舗の仕様によって異なります。
*固定資産税は控除されておりません。
*消費税に変動がある場合には、賃料、手数料等が変更されます。

バイクガレージにするという方法は、現在非常に有効な手段としておすすめしております。
当然、マーケティング調査を実施し、バイクガレージのニーズが強いかどうかを判断する必要があります。
また、同じ地域内での競合状態も探らないといけません。
しかし、かなり多くの地域でバイクガレージ経営は将来性があるという分析結果が出ています。

    【注意点】
  1. 弊社がコンサルティングし既にバイクガレージ経営を始めているオーナー様の利益を損なう恐れがある地域はお断りしております。
  2. コンサルティングの結果でお役に立てないと判断した場合もお断りいたします。
  3. 同じ地域からのお問い合わせがありました場合には、ご契約優先とさせて頂きます。
    その場合は優先商談中でも契約優先といたします。

バイクガレージの人気が高い理由

  • 全国の二輪車盗難件数が、51,588件を超えている。(警視庁まとめ参照)
  • 高級二輪車をターゲットにした窃盗団が増えている。
  • 道路交通法が変わり駐車違反による駐車場の需要が増えている。
  • 安心・安全にバイクを保管できる場所が少ない。
  • バイクは部品だけでも盗難に合う可能性が高い。

お問い合わせ

毎月10名様限定で、
『価値ぐみ店舗の空室店舗解消レポート』
を無料で差し上げます。

この手紙を読んでくれたオーナー様に、
毎月10名様限定になりますが、『価値ぐみ店舗の空室店舗解消レポート』をプレゼントします。

この『価値ぐみ店舗の空室店舗解消レポート』は、あなたの店舗をどうしたらよいかという、
マーケティング調査を実施したうえで、具体的な解決策を提示したものです。

もしかしたら、先にあげた“バイク駐車場にすることがよい”という判断になるかもしれませんし、
もしかしたら、ある業種に絞って業界に告知したら即入居者が決まるという内容になるかもしれません。

また、その店舗の将来性が乏しく不動産経営に向かないと判断しましたら、売却をおすすめすることもございます。
空室店舗の問題を解消するための取れる手段は、いくらでもあり千差万別なのです。
でも、きちんとマーケティングしなければ、どうすればよいか、判断することはできません。

『価値ぐみ店舗の空室店舗解消レポート』を
無料でプレゼントする理由

私たちは、毎日寄せられる空室店舗対策の対応で、目が回るほど忙しい日々を過ごしています。
店舗オーナーの方にどうしても賃料を届けるお手伝いをしたい。
これ以上、不動産経営で痛い思いをする人を増やしたくない。
不動産経営には、マーケティングが必要だということをたくさんの人に知らせたい。
そして、賛同してくれた人に、圧倒的な成果を創り出すことで、マーケティングの必要性を業界に広めたい。
そして、少しずつ不動産業界を改革していきたい。

だから、その第一歩として、マーケティングレポートを無料でプレゼントすることにしました。

正直、不動産関連会社でマーケティング力のある会社は残念ながら非常に少ないのが実情です。
それどころか、マーケティングなど必要ないと思っている会社もあります。
このまま業界が変わらなければ、不動産オーナー様たちが時流についていけず、
賃料収入を得られず、困る人が増えてしまうのです。

だから、なんとかしないといけない。

そんな強い思いから、毎月10名様(各オーナー様1人1物件のみ)
『価値ぐみ店舗の空室店舗解消レポート』を差し上げることにしました。


    『価値ぐみ店舗の空室店舗解消レポート』であなたが得られるメリット

  • なぜ、あなたの店舗が空いているのか、が明確になる
  • あなたの店舗に求められているニーズがわかる
  • マーケティング調査結果を無料で知ることができる
  • 空き室を解消するための具体的な方針がわかる
  • 費用対効果が明確になっているので判断しやすい
  • 次にどうしたらよいか明確な指針を得られる
  • 店舗経営に迷ったときに相談する相手ができる
  • 不動産業界に風穴をあける一助となれる

弊社は、大企業ではありません。
そして、オーナーさまのために、無駄に企業規模を大きくしようとも思っていません。
なぜなら、人数が増えることでスタッフの質が下がることは、オーナー様にとって不利益になるからです。

だからこそ、本当はもっとたくさんの方にお届けしたい空室店舗解消レポートですが、
毎月10名様に限定させて頂いております。

もし、レポートをご理解いただいて自身で空室店舗解消を行いたいのであれば、
そのまま私たちの作ったレポートを元に解消していただいてもかまいません。

また、もし自身で取り組むことが困難でしたら、
私たちに「空室店舗解消の代行」を依頼して頂いてもかまいません。
実費を除き、空室店舗解消代行自体は無料で対応させて頂いております。

空室店舗解消を依頼いただいた場合にかかる費用は、
成約時に他の業者で広告料をお支払いいただくのと同じ広告料だけです。
お問い合わせいただいた際にすでに当月分の枠がない場合は、
大変申し訳ありませんが、翌月のレポート待ちに登録させて頂きます。

空室店舗解消は、スピードが命です。スピード=時間=お金です。
今すぐ、以下の問い合わせフォームから、空室店舗対策レポートを請求ください。

お客様の声 ~その①~

プロフィール写真

安藤 久雄 さま(仮名)
場所:東京都新宿区在住
R造3階建て/1階部分

元々このあたりは、印刷会社が数多く存在する地域でした。
しかし、インターネットの普及で印刷業界が縮小していったことに伴いテナントとして入居していた小さな印刷会社が潰れてしまい、空き店舗がどんどん増えていきました(現在も状況は変わりません)。
そんな中、私の住んでいる住居の1階部分を借りてくれていた印刷会社も倒産してしまい。。。近所の人たちも、もう何年も空いているよとか、このご時勢テナントなんて入らないよとか言われていて、長年お願いしていた不動産業者さんからも、「覚悟してください」と言われました。
いろいろと考え、試行錯誤しても中々空き室は埋まらず、疲れてしまって、もうテナントがつかなきゃつかないでいいかって考えていたときに、空き店舗対策アドバイザーの大神さんにお会いしたのです。
無料ということで大神さんにマーケティング調査を依頼し、『空室解消レポート』をもらったところ、バイクガレージをつくってはどうかという提案を頂きました。
最初は、そんなにライダーが集まることはないだろうと思っていたのですが、どの道空室が続くのだったら、一か八か、大神さんを信じてバイクガレージにしてみようと決心しました。
すると・・・!完成直後から続々と申し込みが入り、気がつけばあっという間に満車になっていました。
いまでは常にウェイティング待ちの状態が続いています。
あれからもうすぐ3年、まさか本当にトータル賃料が45.5%アップの繁盛資産になるなんて・・・。しかも、バイクガレージを作るのにかかった費用の投資利回りは、58.8%。最初に大神さんから聞いていたよりも、よい運用成績で す。不安を抱えていましたが、あのとき大神さんの空室解消レポートと提案を信じて、本当によかったです。

お客様の声 ~その②~

プロフィール写真

佐々木 さま
場所:東京都台東区
R造3階建て/1階部分

もともと1階で工場を営み、3階を賃貸住宅として貸して、2階を住居として生活していました。
歳も歳なので、1階の工場を閉鎖して賃貸に出し有効利用を考えましたが、近くの路面店のオーナーたちがテナントがつかずに困っている中、これは普通に賃貸に出してもすぐにはテナントはつかないだろうなと思っていました。
というのも、3階の住居でさえ、入居者がトラブルを起こして退去してから賃貸募集をかけてもなかず飛ばずの状態だったので、店舗なんてもっと厳しい情勢だろうということは、簡単に想像ができたからです。
3階も空室、1階も工場を閉めて収入源にならない、、どうしたものか、、と、古くから顔なじみの工務店の社長に相談したところ、紹介してくれたのが空室解消アドバイザーの大神さんでした。  
最初は、とりあえず3階の空室を解消してもらい、とても信用できることがわかったので、どうにか1階有効活用できないかと相談してみたのです。
大神さんはマーケティング調査をしてくれて、『空室解消レポート』を作ってきてくれました。
レポートは、確かに的を得ており、すでに3階住居の実績もあったので、すぐに対策をしてくれとお願いしたところ、あっという間にテナントがついて・・・!本当にびっくりしましたよ。             
大神さんにとても感謝しています。

お客様の声 ~その③~

プロフィール写真

斉藤 英雄 さま
場所:東京都江東区
RC造4階建て/1階部分

川口にある物件なのですが、任せてあった不動産の対応が非常に悪くて、テナントの募集さえしてもらっていない状況でした。
すでに前のテナントが退去してから2年も空室がつづき、どうしようか迷っていたときに、大神さんと出会いました。
最初電話で話したときには、本当にテナントがつくのか不安でしたが、『空室解消レポート』を持って大神さんが来てくれ、説明を受けたときにはとても納得し、大神さんに対策をお願いしました。
すると1ヶ月も経たずに入居者が決まったので本当に驚きました。2年も空いていたのにわずか1ヶ月でテナントがついたのですから。
自分でも不動産投資については勉強しているつもりでした。実際に、何かの施策をする際には、さまざまな会社の提案を募り、比較・検討します。その中でも、大神さんの実力は、他社よりも秀でていると思いましたね。
空室で困っている方にはおススメです。

お客様の声 ~その④~

プロフィール写真

大島 寿男 さま
場所:東京都板橋区
木造2階建て/1階部分

親から引き継いだ物件なのですが、テナントが退去してしばらく空室が続いていました。
お願いしていた業者があったのですが、空室が長いのにも関わらず何も具体的な対策を打ってもらえませんでした。
そんなときに、インターネットで検索していたらライズグループのHPが広告で出ており、早速問い合わせてみることにしました。
中身はあまり詳しく見ていなかったのですが、とりあえず電話してみようという感じで問い合わせしました。
そうしたら、空室解消アドバイザーの大神さんがマーケティングをした上で空室解消レポートを持ってきてくれたんです。
そのレポートによると設定家賃が相場より格段に高いということがわかりました。
なるほど、と思い早速大神さんにお願いしたところ1ヶ月も経たずにテナントをつけることができました。
以前にお願いしていた業者からは、家賃は高くないといっていたのに、対策は提案がなかったので、あのとき空室解消レポートをお願いしてよかったと思っています。


追伸:
本気で空室解消したい方限定で、依頼をお受けしております。
不動産経営を小銭稼ぎ程度の簡単なものと思われている方や、本気で解決したい方以外はご遠慮ください。
本気でない方のために限りある枠を埋めてしまい、本当に困っているオーナーさまのチャンスを潰さないためです。

大神健志

お問い合わせ

このページの先頭へ