WEB プロフィール写真中野 拓

みなさま、初めまして。達仁comの運営管理を担当しております、中野 拓と申します。

達仁comの全体管理や、記事の更新等を日々行っております。

「お客様の人生の向上に貢献する」という想いを土台にこの達仁comを運営管理しております。

このお客様への想いを具体的に形にするため、この達仁comの中で不動産にかかわるオーナー様へ、抱えている悩みの解決や役に立つ情報を日々、発信し続けていきます。

では、私のプロフィールも含めて達仁comに対する想いなどお伝えさせていただきます。

出身は種子島

アイランド

私は鹿児島県の種子島という島で生まれ、高校生まで種子島で育ちました。

お客様と会った際、食事の席で「あの鉄砲伝来の!ロケット打ち上げがあるところね!」と覚えていただくことが多いです笑。

 

種子島はロケットが発射する宇宙センターが有り、周囲が海に囲まれ、自然豊かな島です。私は海や山が好きで、夏は父と海で磯遊び、山にクワガタを取りに行ったりしていました。

正直、中学校が終わるまで勉強は全くしておらず、休みの日は海か川か山に行って、朝から晩まで遊んでいました。。そんな自然が好きな少年でした。

 

話しは高校生活に移ります。中学までは遊んでばかりいたため、高校に入り「そろそろ勉強を本格的にしなければ。」とここまで勉強を全くしてこなかったことを反省し、本格的に勉強をし始めました。

今までほとんど勉強をしてこなかったため、勉強のルールを決めていました。一日2時間、休日は3時間と勉強する時間を決めて実行していました。

 

高校生活の最後、国立大学に進学するため、私は大学入試センター試験を受けました。

かなり勉強をして入念に準備しましたが、本番の試験で自分史上、過去最低の点数を取ってしまいました。

志望していた国立の大学はすべて最低評価のE判定。平日は4時間、休日は9時間と毎日、毎日必死で努力をしていただけにショックのあまり、その日は立ち直れませんでした。

家計は裕福ではなかったので私立大学に行くお金はありませんでした。地元でアルバイトをしながら専門学校の資金を貯めるか、大学二次試験で逆転合格する。この二つの選択肢しか残っていなかったのです。

私は「何が何でも大学の二次試験に合格する」そう腹を決め、一次のセンター試験を挽回すべく、死ぬ気で二次試験の勉強をしました。

 

苦しい勉強の日々が続きましたが、二次試験の結果は学科内でトップクラス。何とか、合格をすることが出来ました。

私は当時「生きてきて一番嬉しい」そのように本気で思いました。なぜなら、国立大学で授業料免除をとれ、奨学金とアルバイトで両親にお金の面で苦労をかけることはない。そう思ったからです。

 

私の土台は「やる!」と決めたら、愚直にひたすら結果が出るまでやり続ける忍耐強さです。

社会人になってから

大学生活4年間を終え、卒業後、大手の通信会社NTT西日本の子会社に就職しました。私は22歳、新卒で働き始めましたが当時、就職して働くことが人生のゴールだと思っていたので、仕事は可もなく不可もなく、何となくこなしていました。

ですが、社会人一年目のころ仕事で成果を出し、お客様と会社に貢献している先輩社員を見て、私はふと気づきました。「このままではだめだ」適当に仕事をしていた自分に対して思い、仕事へのスイッチが入りました。

 

そこから私は仕事を進んでやり、リーダーを率先して行い、会社の業績を上げるように努力し、資格試験なども同期の中で一番にすべて取得しました。

仕事で充実した日々を送っていましたが、一抹の不安も自分の中にありました。

もっと成長していきたい

成長

それは大手の会社にいることによって、組織の力と会社の看板、この二つで会社は業績を上げて、自分1人の力はそんなに関係がないのではないか?このまま大きな会社で安定した仕事を続け自分の成長に本当に繋がるのか?もっと別の道で進んだ方が自分の成長にも繋がるのではないか?社会人二年目の冬頃から、そう思うようになり、自社ではなく、外の会社に興味を持つようになりました。

 

将来の自分の成長を考え、社会人3年目から転職を本格的に考え始めました。

もちろん新卒から働き続け、安定した給料を捨て、外の世界に行くのは不安もありましたが、それよりも大きな想いとして「もっと自分を成長させるため、外の世界で一生懸命仕事に打ち込みたい」そのように思っていました。

通信の仕事は好きでしたし、もっとやっていきたいと想いもありましたが、若いうちにフィールドを変え、挑戦したい。自分を向上させたい。そう思ったのです。

プルデンシャル生命に入社

プルデンシャル生命

転職を本格的に考え始めた社会人3年目の9月、ある一つの出会いがありました。

 

それがプルデンシャル生命、ライフプランナーとの出会いです。

プルデンシャル生命は、世界最大級の金融機関、プルデンシャル・フィナンシャルが親会社の外資系の保険会社です。創業は1875年、140年以上の歴史がある老舗の会社です。日本には、今から30年前の1987年の10月に進出し、右肩上がりで業績を伸ばし続けています。保険業界では間違いなく、トップクラスの会社です。

プルデンシャル生命の保険の営業マンはライフプランナーと呼ばれます。お客様から保険をお預かりして、お客様の結婚や、お子様の誕生、住宅の購入など各ライフプランのタイミングでサポートをし、最終的に保険金をお届けするのが、ライフプランナーの使命です。

単に保険を売って終わり。という一般の保険セールスマンとは違います。

 

プルデンシャル生命は、他業界の優秀な営業マンをヘッドハンティングし、ライフプランナーを採用しているので、優秀な営業マンが数多くいます。非常にレベルの高い会社なのです。

 

私はプルデンシャル生命、ライフプランナーとのご縁をいただき、この会社で自分を成長させていきたい。挑戦したい。「この世界で成功して、お客様のためになる仕事をしたい」本気で思いました。

そして、「採用面接を受けさせて下さい!」と自ら頭を下げました。正直、採用試験の内容はボロボロだったと思いますが、熱意と情熱でなんと合格しました。晴れてプルデンシャル生命のライフプランナーとなることが出来たのです。

挫折、挫折、挫折

挫折、挫折、挫折

毎日、毎日深夜1時~2時まで働き、家に帰り朝は8時までには出社。休みはなし。最初の数か月はこのような生活を続けていました。「必ず成功する」この想いが自分を突き動かしていました。

 

自分なりに精一杯頑張っていましたが、結果はズタボロ。営業を開始して、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と思うように保険の契約をお預かりすることが出来ず、お客様からご紹介もいただけず、営業先がなくなりました。

保険の営業はまず、身近な親族、身内、友人に保険の説明をして、そこからのご紹介でお客様を広げていきます。

「保険の話を聞いてほしい。一度会って話を聞いてくれないか?」前職の同期、地元の友人、様々な人に声をかけましたが、ほとんど断られ、行く先がなくなりました。

自分の人望がどれだけ少なかったのか?振り返ると、自分のライフプランナーの価値観や営業感を全面に出したことで、身近な人に大変な営業ストレスを与えていました。断られたのは私に原因があったのです。

 

ライフプランナーの給与は、完全歩合制なので、営業成績が上がらなければ給与は入ってきません。

飛び込み営業や、街中で人に声をかけたり、いろいろと試行錯誤しましたが、思うように成績が上がらなかったです。毎月の給与の手取りが1万円の時もありました。

 

挫折、挫折、挫折。この繰り返しでした。「もっと自分は出来ると思っていた、、」井の中の蛙でした。

そして、プルデンシャル生命に入社し、2年が経とうというある日、ある出会いがありました。

ライズグループとの出会い

挫折の繰り返しでしたが「自分をもっと成長させて、お客様にとって役に立てる人間になりたい」そう思う気持ちは常にありました。

自己成長のために、自己啓発のセミナーに通っていたのですが、そこでライズグループの黒沢社長と出会いました。

ライズグループは、不動産を通じ「お客様の人生の向上に貢献する」この企業理念の元、日々お客様のために業務に取り組んでいます。

私はこのライズグループの企業理念、働いている方々の想い、いろいろと知っていく中で、この会社で働きたい。そう思うようになりました。

 

新卒で大手通信会社に入社し、熱い想いを持ってプルデンシャル生命に転職をし、結果うまくいかず挫折。

私はもう一度、社会人として一からスタートし、お客様の役に立てる人間になりたい。ライズグループに入社し、この企業理念の元、お客様の役に立てるように頑張っていきたい。そう思い、自ら頭を下げ、入社を志願しました。

 

達仁comへの想い

ライズグループに入社させていただき、現在ではWEB担当として、当サイト達仁comはもちろんのことその他自社サイトの運営管理をさせていただいております。

達仁comでは「お客様の人生の向上に貢献」するために、日々、不動産投資を通じ現在困っている方、これから不動産投資をはじめようという方、興味がある方など、不動産に係る人々に役に立つ情報を日々、発信しております。

一方的に、不動産会社側の意見だけではなく、この達仁comに訪れていただいた、お客様にとって役に立つ情報とは何なのか?ということを日々試行錯誤をしながら、情報発信する努力を続けております。

ぜひ皆様の不動産投資、マンション経営に係るお悩み、関心、興味事など、小さなことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

弊社には不動産業界に30年以上携わる、プロのコンサルタントもおりますので、必ずお役に立てるサポートをさせていただきます。

中野 拓・略歴

1989年~:鹿児島県の種子島で生まれ、高校生まで島で育つ

2008年4月~:種子島を離れ、国立の鹿児島大学に進学

2011年4月~:新卒で大手通信会社に就職し、電気通信、IT・インターネットのエンジニアとして仕事に取り組む

2015年1月~:プルデンシャル生命保険で、ライフプランナーとして働く

2017年5月~:ライズグループに入社

 

日々、達仁comを通じマンションオーナー様へマンション経営に係る情報発信をしている。

前職の経験も活かしながら、会社ホームページやバイク駐車場の募集サイトも運営管理している。

(バイク駐車場の募集サイト:ガレイズ倶楽部 バイク駐車場経営の募集ページ:バイク駐車場経営

マンション経営の成功ノウハウについて精通。

 

血液型:AB型

趣味:鹿児島の芋焼酎・日本酒を飲むこと、福岡市内の珈琲屋さん巡り、音楽を聴くこと(好きなアーティストはSPECIAL OTHERS、相対性理論、くるり、羊毛とおはな、土岐麻子)、読書、サイクリング

好きな言葉:尊敬 感謝 素直 実行 目標達成