れから資産運用をしていきたい!そう思っている方が、資産運用っていったい何なのか?資産運用にはどんな種類の物があって、それらはそれぞれどんな特徴があるのか。実際に取り組む際には、何をどういう順番で取り組むことが最も効果的なのか。

そんなことを考えてもらうのに、本を熟読して読んでもらうよりも、もっと簡単に理解できるように、あるいは、もっとシンプルに誰でもが気軽に取り組めるように、「資産運用の教科書」としてこの記事を書くことにしました。

資産運用とは?

資産運用画像

そもそも資産運用とは、いったい何のことでしょうか。

文字を読んで字の通り資産を運用することです。自分のお金を預金や不動産や有価証券などの資産に変換して、所有資産を増やしていくこころみを指しています。

一般的な常識として、資産運用にはリスクがあり、運用すれば増えることもあれば、減ることもあるのが現状です。リスクの大きなものは、逆にリターンが大きいように、リスクの大きさは運用益の大きさに反比例します。

※預金や貯金は、一般的には運用に入りませんが、銀行や郵便局に預けて、ほんのわずかですが利息をもらえることやペイオフの解禁で、1,000万円未満の預貯金は保護されないことから一種に運用とみて良いかも知れません。

※そもそも会社経営自体も運用のひとつと見ることもでき、お金を株券として株式会社を設立して、自分の能力や他者の能力にお金を投資して、リターンを得る行為ということができるかもしれません。

【参照】資産運用についての詳しい解説は、資産運用とはをご覧下さい。

「これだけは知るべし資産運用」

資産運用を話す上で、必ず知っておいて頂きたい言葉があります。例えば、利回りとは何か、インカムゲインとは何か、キャピタルゲインとは何か、というようなことです。

  • インカムゲイン
  • キャピタルゲイン
  • 投資利回り

インカムゲインとは、投資した先から定期的に入ってくる利回り収益のことを指します。利回りとは、投資した金額に対して年間何%が利益となるかを表現した指標になり、資産運用の核となる概念です。

インカムゲインを得られる投資としては、マンション経営や株式投資、アパート経営、太陽光発電投資、FXにおけるスワップ金利、投資信託の一部などが代表的な投資としてあげられます。株式投資の世界では、PERという指標で表されるものです。

一方でキャピタルゲインとは、投資した金額に対して、売却時にどれだけ利益を得られたかの値差の利益のことを指します。代表的なものでは、バブル期の不動産や株式投資、FXや投資信託、先物投資やゴールドなどの貴金属などがあげられます。株式投資の世界では、PBRという指標を判断基準として見ることができるような性質のものです。

資産運用の種類と特徴

資産運用の先

一般的な人が購入している資産運用としては、次のようなものがあり、それぞれ特徴があります。

預貯金、外貨預金、国債、投資信託、株式投資、不動産投資(アパートやマンション経営)、FX、先物取引、貴金属、仮想通貨、太陽光発電所。などなど、実に多くのものがあり、マニアックなものでは、風力発電所やホームページ、タックスヘブンでの運用や外国の不動産、ビジネスジェット機など、無数にあります。

これらは、それぞれ利回りやリスクの違いの他に、さまざまな事柄に連動するという特徴を持っています。インカムゲイン目的のもの、キャピタルゲイン目的のものなどもありますし、海外の不動産やタックスヘブンでの運用などはなかなか手が付けられませんし、グレーな側面もあります。あるいはビジネスジェットへの投資については、一口数億円から必要になるらしいです。

私たちもこのすべてを経験したわけではありません。けれど、それぞれの投資にそれぞれ専門家がいて、それぞれの良さを伝えています。私たちは、それらをひとつひとつヒアリングして、取り組める物は取り組んで、実際どうかを検証してきましたし、そもそも投資として原理原則に則しているかという観点から物事を考えてきました。

そうした結果、この記事を書くに至ったのですが、各投資がどんな特徴でどれがよいかを知って頂く前に、次のことを読み進めて頂けたらと思います。

一番大切なこと

資産運用をする上で一番大切なことは何かをお伝えします。それは、次のような事です。

  1. なぜ資産運用をするのか?
  2. 資産運用をしてどうなりたいのか?
  3. 資産運用の具体的な目標値
  4. 万が一、損失を被ったときの対処はどうするのか?

つまり、資産運用の目的を明確にして、ビジョンと目標値を鮮明にすること、そしてリスクヘッジを考えて、損失を被った時にどう対処するのか準備をしておくということです。

どうして、こういった考え方が重要になるかというと、資産運用はお金を増やすためにお金を使うことであり、お金を増やそうと思うと、その欲求はキリがないからです。そして、行きすぎた投資(というより投機)は、リスクの増大を招き返って損失を抱えたり、資産をなくして破産に追い込まれたり、する可能性があるからです。

あるいは、投資が成功しても、幸せを感じることなく、満足できないがために、お金の亡者になってしまうこともあります。

これらことが起こらないように、しっかりと資産運用をする目的とビジョンと目標、リスク対策を行ってください。リスクのない投資はありません。必ず投資には、リスクとリターンがあり、基本的にはリターンはリスクと反比例の関係にあるからです。

魔法の投資

魔法の投資

そして、投資は現実的なものであり、空想の出来事ではないということを覚えておいて欲しいです。

どういうことかというと、何もしなくても保持しているだけで一年でお金が倍になったり、ちょっとしたコツを掴むだけで、月に30万円も利回りを稼ぐFX投資ができたり、そんな夢のようなおいしい話はないということです。

たしかに、FXや株式投資だけで豊かに暮らせるだけの人はたくさんいます。億万長者と呼ばれるくらいの資産を作った人もいます。しかし、彼らは何かひとつの情報を知っていれば儲かるような簡単なことで儲けを出しているのではありません。

FXで勝つためのさまざまな情報と知識、ノウハウを学んで研究して、それらと経験値を活かして運用するから買って大きなお金を得られるわけです。つまり、それが仕事で、職人としての腕が立つから勝てるだけのことなのです。

何もこれだけ知っていればすぐにお金が倍になるような、魔法の投資というのは資産運用の中にはないのです。

何をどう取り組めばよいか?

では、初心者の人あるいは、資産運用をこれから始める人は、何をどうスタートしたらよいのでしょうか。解説したいと思います。

まず、あなたの種銭(資産運用に使えるお金がいくらあるか、あなたの持っている現金以外の資産には何があるか)によって、あなたが出来ることに限りが出てきます。

お金が10万円しかないのにファーストリテイリングの株は買えませんし、そういう状況でローンが通らなければ投資不動産も買えません。

つまり、できることとできないことがありますので、まずはあなたの状況をしっかりと確認することが重要です。先にもお伝えしていますが、次のようなことです。

  1. なぜ資産運用をするのか?
  2. 資産運用をしてどうなりたいのか?
  3. 資産運用の具体的な目標値
  4. 万が一、損失を被ったときの対処はどうするのか?

その上で、できるものを組み合わせてポートフォリオを組むようになるでしょう。もし、どうすればよいかわからなくてお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。あなたが最大のメリットを得られるように、専属のアドバイザーとして無料で資産運用設計をさせて頂けたらと思います。餅は餅屋なので、あなたに向いた投資のプロを紹介します。