資産運用とマイナス金利

くニュースなどでマイナス金利政策について論じられています。そもそも、マイナス金利って何なのか?私たちの生活にどんな影響を及ぼすのか?あるいは、銀行にお金を預けたままでよいのか?株や投資信託ってどうなっているのか?目減りしてる?それとも増えているのかな?

いろいろと疑問に感じますし、不安にもなりますよね。

ここでは、マイナス金利のメカニズムとマイナス金利下で私たちが何を考えて、どう対処していけばよいか、短期的中期的長期的な観点や世界情勢を見据えて対策を検証していきます。そして、最後には、マイナス金利でもっとも有利になると言われるある投資法についても紹介しています。

マイナス金利って何?

そもそも、マイナス金利って何かというと、日銀に預金口座を作っている金融機関が、口座に預けている金額に対して付与する金利が、0以下のパーセンテージである状態を指します。

つまり、金融機関がお金を日銀に預けていると利息が付くどころか、減らされてしまう状態になるということです。そうすると、当然金融機関はできるだけ日銀にお金を寝かしておくのではなくて、どんどん口座から出してお金をつかうことになるだろうと考えたのです。

日本では、2016年1月に導入されて、運用がスタートしました。

どうしてマイナスになるの?

マイナス金利になる理由

政策金利は、日銀が定めている金利のことなので、日銀内の協議で慎重に話し合って決められます。

マイナス金利についても同様で、今回は、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」として日銀が決定して導入しました。マイナスになるのは、日銀口座内での各金融機関への利息になります。

各金融機関は、日銀に口座を持ちお金を預金しています。

通常は、ごくごく少ないですがそれでも日銀にお金を預けていると利息がついてほんのわずかですが増えるものです。ところがマイナス金利の時は、お金を預けているいると、どんどん利息が逆に取られて、お金が減っていくことになるわけです。

なので、銀行は金利が安くてもよいから、お金を貸したり、投資に回したりしなくてはいけなくなります。これこそが日銀の狙いで、銀行が日銀にお金を預けずに市場で運用することで、景気を良くしようとしているのです。

※景気は、市中に出回るお金が増えるとよくなるからです。金回りがよくなるという言葉があるように、銀行が市中にお金をばらまく、つまりいろいろな人や起業にお金を貸すことで、それらの人や業者がより多くのお金を使い景気がよくなるということが起こるのです。

マイナス金利下でどうしたらよいの?

どうする

マイナス金利になったら、一般的にどうしたらよいのでしょうか。

基本的に、マイナス金利になると、先にもお伝えしたとおり、銀行はお金を貸したがるので、貸し出し金利が安くなったり、審査が緩くなったりします。

従って、お金を借りて家や車を買ったり、事業を拡大したり、投資したりするには非常に好条件ということができるでしょう。完全に借り手有利の市場なので、借りなきゃ損っていうくらいにまでなる可能性もあります。

マイナス金利で有利な投資は?

では、マイナス金利ではお金を借りてどういったことをすればよいでしょうか。マイナス金利というのは、不景気な状態を指しますので、さまざまな投資にチャンスが訪れます。

景気が悪いからといって、投資に制限がかかったり、儲けられなかったりするわけではありません。むしろ株等の乱高下は、お金を増やすチャンスになります。

一方でもっとも一番期待を裏切らない投資は、自己投資です。自己実現のためのセミナーや本などに使うことです。あるいは、マーケティングスキルを勉強したりして収益を増やすことができます。

このように、お金を借りて自分のスキル等をアップさせていくか、自分の熟知した投資をするかのどちらかになるでしょう。

短期中期長期で考える

短期中期長期

いずれにせよ、投資については短期的中期的長期的に3つ観点からものごとを考えるのが一番です。

たしかに金利が安いからお金を借りて運用すればもうかるかもしれません。しかし長期的に見ると、それが正しいこととは限りません。

  1. 短期的に見てその運用方法はどうなのか?
  2. 中期的に見るとどうなのか?
  3. 長期的に見るとどうなのか?

経験に基づいて、しっかりと長期的に視点を組み合わせて検討してみることが必要です。短期と長期で一貫性があることもあれば、そうでないこともあります。

それぞれの状況に合わせて工夫することが重要でしょう。

不動産投資は絶対有利

マイナス金利になると、当然のことながら、普通預金も定期預金も金利が安くなります。従って、ますます口座にお金を入れておくメリットがなくなることになります。

そうなると、お金をしっかりと仕入れて(借りて)利益を出して、返済もできる不動産投資は非常に有利な投資ということができると思います。

金高 時道金高 時道

不動産投資については、弊社の大得意とする分野です。早く長く収益がでるように最善の運用方法をみつけましょう。弊社では、不動産投資で手堅く収益を積み上げるためのマル秘投資術を紹介しています。お気軽にお問い合わせください。