みなさま、初めまして。

 

「達仁.COM」の運営責任者をしております、

吉村興紀と申します。

 

こちらの記事では、当サイトの運営責任者である私が、

 

  • 「どういった想いで情報発信をしているのか」
  • 「私、吉村興紀はどんな経験をしてきたか」
  • 「このサイトをご覧いただいた方に、どんなことを知っていただきたいのか」

 

についてお伝えしていきます。

 

入社時の想い

私は23歳の時、地元の山口県防府市から上京し、株式会社ライズグループに入社しました。

 

私が不動産業界に入った当時の理由は、

「高額な不動産を扱う仕事はやりがいがありそう!」

「難しい知識が多いので一生成長できそう!一生働いていけそう!」

 

というものでした。

 

今思えば、何の知識もないながら成長したかったのだろうなと思いますが、入社当時は不動産投資がどういうものなのか、私は全くと言っていいほどわかっていませんでした。

 

「志」の土台となる経験

入社後、最初の2年間は、「物件の仕入れ担当」として仕事をすることになりました。

 

ライズグループは中古ワンルームを販売している会社なので、在庫がなければ販売もできません。

在庫を仕入れるのが私の仕事になりました。

仕入れ担当に決まってすぐの頃は、「仕入れじゃなくて、販売の営業がしたい、、」「販売の営業の方が華やかなで楽しそう!」という思いがあり、仕入れに関しては正直、あまり興味関心を持てずにいました。

 

しかし、この「仕入れ担当」として働いた約2年の経験が、私の志をつくる大きな土台となっていったのです。

 

数百人のオーナーと直接、話をしてきました

物件の仕入れでは、日々、様々なオーナー様とお会いします。

マンションの売却をご検討されていらっしゃる方とお会いするわけですが、売却したい方の売却理由は様々でした。

 

「ローンの残債がかなり減ってきたので、売却して現金に換えたい。その利益でやりたいことがある。」

 

という方もいらっしゃれば、

 

「マンションの売却益をつかって自宅の頭金にしたい。」

「主人から団体信用生命保険でローンのない不動産を相続したので、現金化するために売却したい。」

 

など、不動産を購入して本当に良かった!と喜んでいらっしゃる方々や、家族がマンションを購入したことに感謝されている多くの方とお会いしてきました。

 

その反面で、投資用マンションを購入したことに対して、後悔している方ともお会いしてきました。

 

不動産投資で苦しんでいる方ともたくさん会ってきた

 

不動産投資を始めて後悔されている方々がよくおっしゃっていたことは、、

 

「購入前に営業マンが言っていたことと違う。」

 

「購入した時から毎月2万円の支払いをしているが、最近更に負担が増えてきた。思っていたものと違う。。」

 

「購入前はサブリース契約で家賃を保証してくれるとのことだったけど、保証額を途中から下げられて毎月のキャッシュフローが悪くなった。サブリース契約を解約したいのに解約にも応じてくれない。契約書に書いてある内容と違う。正当事由がないと解約できないなんて教えてくれなかった。」

 

「払った税金が毎年返ってくるということで購入したが、最初の数年だけ帰ってきて、あとは毎月かなりの額を持ち出していて赤字になっている。」

 

「相場よりもかなり高い金額で買っていたみたいで、売りたくても売れない。」

など、、

 

悪徳不動産会社とも闘ってきました

酷いときには、ある不動産会社に売却時に騙されてしまった方で、営業マンから伝えられた買取金額と全く違う内容の売買契約を結ばされた方ともお会いしたこともあります。

(契約書は後日発送、よく見てみると営業マンが言っていた金額よりもかなり低い売買価格という違法な契約でした)

 

ご相談をいただいた時は、違法な契約を解除するため、契約を結んだ不動産会社のところへ私も親戚のふりをして一緒に契約の解除に向かいました。

その不動産会社は、こちらが手付解除を申し出ているのも関わらず、解除することを告げると逆切れし、手付解除を違法に拒否してきました。

いくら言っても解除に応じないので帰ろうとすると、オーナー様の腕をつかんで引き留めてくるほどの悪徳会社です。

当然、手付解除を正当な理由なく拒否することは、完全に宅建業法違反です。そもそも契約自体も違法な契約です。

 

弊社の顧問弁護士に相談し、オーナー様と法務局に一緒に行き、手付解除にかかる供託の申請手続きもしました。

しかし、その日の夜にオーナー様の自宅に悪徳不動産会社の社員が押し掛けて脅してきたり、

オーナー様の自宅や会社に50回以上にわたる迷惑電話を繰り返してきたりと、最終的には警察や弁護士に協力いただき、都庁にも訴えるなどの自体まで発展しました。

その後、都庁からその不動産会社に指導が入ったようですが、今でも六本木で営業している会社です。事件当時は渋谷区にあった会社ですが、私が来社したときは「とてもこんな会社が悪徳業者とは思えない」というほどの綺麗でお洒落な事務所でした。揉めた営業マンの人相はとんでもなく悪かったですが。笑

 

仕入れ担当として過ごした期間では、こういった経験をたくさんしてきました。

 

不動産投資の本質と向き合う

不動産投資を始め、後悔している方の中にライズグループから物件を購入した方はもちろんいませんでしたが、

入社1年目で知識のなかった私は、、

 

  • 「不動産業界ってこんな業者ばかりの世界なんだろうか?」
  • 「みんな良くなりたくて不動産を購入しているのに、何故、こんなに嫌な思いをしなければいけないのか?」
  • 「そもそも不動産投資って本当に大丈夫なものなんだろうか?」

 

後悔されている方の中には、自分の両親と年齢の近い方もいました。

もし自分の両親がそういった心ない業者に騙されて、同じような状態になったとしたらどんな気持ちになるだろう、、?

 

心が苦しくなりました。

知識の浅かった私は、不動産投資自体が少し怖く思えてきてしまったのです。

 

 

それでもよくよく考えると、同じ不動産投資で上手くいっている方もたくさん見てきました。

特にライズグループから購入しているお客様に関しては、毎年、望年会にも参加してくださっているし、皆さん上手くいっている方ばかり。

 

であれば、不動産投資自体が悪いのではなく、不動産投資で成功している方には成功する理由が、失敗する人には失敗する理由があるんじゃないかと思い、入社1年目の私は、その違いを本気で勉強することを心に決めました。

自分が扱っている商品、自分が今いる業界のことをもっと広く深く知りたいと考え、本気で知る努力をすることを胸に誓ったのです。

 

信念が芽生える

私は、不動産投資自体が本当に良いものなのか、経験不足で分からない気持ち悪さから、自分を納得させたくてたまりませんでした。

 

不動産投資の「失敗の原則」と「成功の原則」を知りたい、自分の中に納得感を持ちたいという気持ちに駆られ、毎日数時間、休みの日は最低5時間以上不動産の勉強をしてきました。

 

そして様々な不動産オーナーとお会いし、多くの事例を知ることで、もやもやとした気持ちが徐々に「確信」へと変わっていったのです。

 

答えは現場にありました。

私は仕入れ担当として活動した2年間が、この仕事をしていく上での志の土台になったと考えています。

 

 

 

【不動産投資 7つの成功の原則】

私の中にある確信。

 

それは「不動産投資の成功」には7つの要素があるということです。

それを忠実に守り物件を購入することで成功する道を選択できるという確信を持っています。

 

 

 

【不動産投資 7つの成功の原則】

  • 立地(東京23区内の賃貸需要が最も高いエリア、資産性も高く、駅からの距離が徒歩7分圏内の立地)
  • 建物(建物の見栄え、建物管理会社の修繕計画、修繕履歴、管理状況等が良好)
  • 専有面積(立地の特性に合う需要の高い面積・間取りで、且つ、ランニングコストが抑えられる面積)
  • 室内差別化(近隣エリアの他の部屋と比べて魅力的かどうか。内装で差別化する。)
  • 賃貸管理会社(年間入居率98%以上の賃貸管理会社でお客様の物件を自分ごととして考えてくれる会社)
  • 購入価格(立地や建物が良くても価格が高すぎると家賃でローンをカバーできなくなる。新築よりも中古。それもお手頃価格の中古物件)
  • ローン条件(適用金利、ローン年数、頭金の額)

 

ここでは詳しく解説しませんが、どれもとても重要な要素です。

 

現在の使命

私は仕入れ担当を2年経験し、物件の販売営業に移ってからは常にこの7つの原則を意識してお客様と関わってきました。

 

常に意識してきたことは、「自分自身、そして自分の家族、両親に対しても、この内容は自信を持って提案できる内容か?」「それはお客様が見通しを持てる内容か?約束できるものか?」を常に考えてきました。

 

吉村 興紀

不動産投資は、原理原則が大切だと言うことです。

そして数年が経ち、おかげさまで社内で年間トップの成績も納めることもできました。

 

お客様は入社時の私と同じように、知識の浅い方も多くいらっしゃいます。 そういった方々に、初心者の方でもわかりやすく、正しい情報を伝えていく。一人でも多くの方に正しい情報、有益な情報を伝えるんだ。という私の仕入れ担当の時に芽生えた信念が成績にも反映されたのだと思います。

 

現在はマーケティング部に移り、この「達仁.COM」の運営責任者として活動しております。 1対1の対面ではなく、インターネットを通じて多くの方に価値ある情報を発信し、多くの方に「成功する不動産投資」の本質を伝えていきたいと思い、自らマーケティング部に立候補しました。

 

これからもより良い情報を届けられるよう精進して参ります。 今後ともよろしくお願い致します。

 

プロフィール

宮崎県串間市出身(母親の実家) 生まれてすぐに山口県防府市に移り、ここで青春時代を過ごしました。

23歳で上京し、株式会社ライズグループに入社。 多くの不動産オーナーと直接会う「物件の仕入れ」を経験する中で、現場で様々なことを学ぶ。

 

数百人の不動産オーナーと1対1で話し、自らの目で不動産業界の真実、成功事例、失敗事例を数多く確認してきた。

自分の両親と同じ年齢の不動産投資に失敗している方と出会ったことがきっかけで、不動産投資の成功と失敗の原則を本気で研究する日々が始まる。

机上の空論ではない、「現場現実主義の本当に強い不動産投資とは何か」を信念を持って伝えている。

 

趣味:愛する娘と遊ぶこと。読書。

座右の銘:知行合一。思考の中に未来がある。

尊敬する人:吉田松陰、青木仁志

資格:宅地建物取引士(国家資格)、相続診断士(相続診断協会認定)