収益物件専門ポータルサイト健美家

益物件と呼ばれる投資不動産専用の情報サイトで、「楽待」に続いて2番手につけているのが、「健美家」です。

投資用物件を購入する場合には、当然のことながら、投資不動産に精通した業者、コンサルタントを通じて物件を探す人が多いです。

一方で、情報化社会が進み、楽待や健美家など誰でも収益不動産の情報を取得できる現在では、不動産オーナーが個人的にこれらのサイトで物件探しをして、自分で販売業者や仲介業者に連絡して購入することも多々あります。

エンドユーザーも業者も活用

確かに、場合によっては、楽待や健美家などで自分で探して購入したほうが安くてよい物件に出会える可能性もあります。

しかし、宅建業者しか見ることのできないレインズという流通システムにしか登録されていない物件もなかにはあって、レインズは一般の人は検索できないので、業者を通してしかお目にかかれない物件がたくさんあることもあります。しかし、一方でレインズに流通している物件でも、当然健美家や楽待に掲載している物件だって多数あるのが現状です。

逆に売り手の立場から考えると、一社に売却を依頼したいと思う人もいれば、できるだけたくさんの人の目にとまるような販売を希望する人もいます。

なので、特定の業者を通して購入することしかできない物件もあれば、業者がレインズで探してきて紹介してくれるパターンもあれば、レインズに乗っていないけれど健美家や楽待に掲載されている物件もあります。

よい物件と出会うためには

このように、さまざまなルートで物件が売りに出される時代ですので、本当によい物件と出会いたい場合は、いろいろな情報を取得することが重要になります。

ただし、例えば、銀座や赤坂、六本木といった超一等地の本当においしい物件というのは、なかなかこういった公開サイトでは出てこないことが多く、情報の川上と呼ばれるような富裕層のマーケットで流通してしまうことが常のようです。

なので、そういった特別ではない収益不動産を一般の人が探すのに活用して有益なのが健美家の立ち位置ということになります。

では、健美家っていったいどんなサイトで、どんな特徴があるのでしょうか。いよいよ本題に入っていきたいと思います。※楽待については、不動産投資サイト「楽待」ってどう?をご参照ください。

健美家とは

健美家

※こちらは健美家のHPをキャプチャーしたものです。健美家の公式サイトはこちらです→https://www.kenbiya.com/

健美家は、楽待についで2番手に大手の収益不動産専門サイトです。物件掲載数も楽待にほんの少しだけ少ないけれど、かなりの数物件を掲載しています(※2017年9月13日現在健美家の掲載数は、43,768件、楽待が74,614件となっています)。

投資不動産に関するセミナーを実施したり、サイト内のコラムで情報提供したり、投資家向けにたくさんの情報を供給している会社です。

健美家の歴史

ただ歴史的には、楽待よりも健美家のほうが会社の業歴、サイトの運営歴も長く、健美家の設立は2004年で同年にサイトも開設しています。一方で楽待は、株式会社ファーストロジテックが運営しており、2005年に設立されて2006年に楽待はリリースされています。

なので、収益不動産専門会社といえば、楽待と健美家が二大大手サイトで、その中でも楽待が1番手というイメージがありますが、歴史的には若干健美家が長いということになります。

健美家か楽待か??

もちろんどちらも認知度は同じくらいに高いですが、不動産業者の中には、健美家びいきの人も結構いるので、楽待のほうが掲載不動産数は多いですが、健美家にしか情報を載せていない業者も一定数いるのも間違いのない事実です。

サイトの中身、掲載物件については、楽待も健美家も甲乙つけがたい内容になっており、それぞれ一長一短があるような状況です。

健美家の特徴、メリット

健美家の特徴とメリット

健美家の強みとしては、収益不動産専門の情報サイトとしては、老舗だということもあって固有の顧客をたくさん抱えているということです。

その中には、当然売却希望のオーナーや不動産業者もいれば、逆に購入希望のオーナーや不動産業者もいることになります。

最近の投資不動産の売買を手がける人は、健美家と楽待と不動産連合体、あるいはHOME’Sやat Homeの投資など、複数物件を見ている人がほとんどです。しかし、例えば健美家が出来た当初に健美家で情報をあさって購入し、そこからずっと売買していない人だったら、健美家しか知らないので、健美家で売買する可能性が高くなります。

また、コラム等の情報、セミナー等も頻繁に開催しているので、情報の集約という意味でも有益だと思います。

健美家の弱み、デメリット

逆に、健美家の弱みとしては、投資不動産、収益物件のポータルサイトの最大手の座を楽待に奪われたことです。今では、同じ収益不動産専門のポータルサイトでありながら、楽待を運営する株式会社ファーストロジテックは東証一部上場しているので、資金力、社会的な信用を得ているので、少し溝を空けられている感がいなめません。

実際に、過去私たちも物件を売却する際に、楽待に掲載したら、圧倒いう間に買いが入った経験もあり、新規ユーザーとしては、楽待にやや分があるように思います。

ただ、それ以外の点では、デメリットと思われるようなことは特にありませんので、他のサイトと併用で構いませんので、投資不動産の売買を自分たちでしたいと考えていらっしゃる方は、健美家も必ず利用されることをおすすめします。

金高 時道金高 時道

体感的には、楽待のほうがユーザー多い気がしますが、より多くの物件と出会いたい場合は、ぜひ健美家も利用しましょう。