不動産経営で成功する秘訣

不動産経営で成功

動産経営と不動産投資とはどう違うのでしょうか?

一般に不動産投資と不動産経営は、同義のものとして取り扱われます。お金を出してマンションやアパートを購入したり建てたり投資をして、賃借人に賃貸しすることで、利回り収入を得るというものです。

確かに、その本質的な意味は同じですが、私たちはあえて、不動産投資と不動産経営は全く別物と捉えて定義しています。

そしてどちらかというと、不動産経営のほうを推奨して、オススメしています。

不動産投資と不動産経営が違う理由

私たちが不動産投資と不動産経営とを分けているのは、次のような理由からです。

例えるならば、株式の投資家とオーナー企業の経営者の違いのようなものです。

どちらともお金を投資して企業の成長に比例した報酬を代価として得る仕組みです。投資家は単にお金を出してリターンを得るだけです(たまに口を出す投資家もいますが、出しても口だけで、経営はしません)。

一方で、オーナー企業の経営者は、株式にお金を出して投資するのと同時に、事業を成長させるために、企業を経営していきます。戦略を定めて、持っているリソースをフルに活用して、社会へ価値を提供することを通して、企業価値を高めて、代価を得ます。

上記の事例では、不動産投資は株式の投資家、不動産経営はオーナー企業の経営者に比喩することができます。

不動産投資と不動産経営の決定的な違い

不動産投資と不動産経営が決定的に違うのは、投資家と経営者の違いと同じ点にあります。

不動産投資は、お金を出してあとは口は出すことはあれば、お任せコースで利回りを得ようとすることです。一方で、不動産経営とは同じく不動産に投資はしますが、投資した不動産のオーナーとして、戦略的に運営していくことになります。

例えば、賃借人の募集条件を検討したり、不動産経営について勉強したり、内装を戦略的に変えてみるなど、とにかく主体的に動いて賃貸管理会社や建物の管理会社とかけあったり、自分で物件を管理したりします。

投資は、利回りが何%だったか、が重要になります。一方で、不動産経営は利回りは自分である程度コントロールすることができるようになります。そのままだったら賃料が10万円の物件も100万円追加投資して内装を変えることで、賃料が15万円になるかもしれません。そういった工夫をすることで、自分の得たり利益=利回り=代価を得ていくことになります。

不動産経営でどうやって成功するか

以上の背景から、私たちは、コントロールがより増大できる不動産経営をオススメしています。これからの時代、単に不動産に投資して高利回りを期待するだけでは不十分です。

時代の流れや市場の動向をしっかりと分析しながら、きちんと正しい手腕を持ったプロとともに、不動産を経営することで、得たい利益を得ていくことが重要です。

その具体的な戦略と戦法・正しい考え方を、このカテゴリにまとめましたので、ご覧下さい。

大神 健志大神 健志

不動産投資と不動産経営の違いはわかりましたか?勝てる不動産経営をする。それが私たちのスタイルです。

不動産経営5つのポイント

不動産経営
不動産経営5つのポイント

不動産経営は、マンションやアパートを購入し、人に貸して家賃収入を得ていくことです。 継続的に入居者が付けば、毎月家賃収入を得て、資産を増やすことが出来ます。 しかし、どんな物件でも入居者が継続的について家賃収入を得れるわ・・・

ページの先頭へ