資産運用のススメ

資産運用イメージ

のカテゴリで取り扱う内容は、資産運用についてです。達仁comのもっとも大きなテーマは、「不動産経営を通してオーナー様の人生の向上に寄与する情報」を発信することです。

ひいては正しい情報が広がっていって、消費者が賢くなり、さまざまな不動産を巡るトラブルもなくなってくることで、業界自体がよくなっていくビジョンを見据えています。

不動産経営は、資産運用の中の一つの形態に過ぎません。資産運用の中に不動産経営が位置していいて内包されています。(あえて不動産投資ではなくて、不動産経営と言っているのには理由があります。詳しくは、不動産経営とはをご覧下さい)

このカテゴリでは、不動産関連を除く資産運用について、あるいはかなり意味的には広義になりますが、資産運用という抽象的な概念、その専門的な知識などの記事を取り扱っていきます。

なぜ資産運用の知識が必要か?

不動産経営や不動産投資を通じてオーナー様の人生の向上に寄与したければ、不動産以外の投資や資産運用についての知識なんていらないじゃないかと思われる方もあるかもしれませんが、それは違います。

不動産経営は、資産運用の一つの形態である以上、資産運用が持っているさまざまな特徴を持っています。また、現代社会ではお金の動きはかなりグローバルに考えなくてはならず、世界中の余っているお金が常に投資先を求めて彷徨っている状況です。

どこかの分野が不景気で利回りが悪くなれば、世界中からのお金が一気にその市場から立ち去って、他の市場に回る。

そんなことが日々起こっているわけなので、不動産の今後の動向を検討していくに当たっては、当然のことながら、金融や経済の状況を常に把握していくことも大切です。そして、さらに重要なことは直接的に不動産の価格にも影響してくる、世界の投資マネーの行く末を見ておくことです。(実際にリートが生まれた時、余ったお金は福岡のワンルームマンション市場に入り込んで市場をメチャメチャにしました。)

グローバルなお金が、日本の土地や建物などの不動産にお金が向いたり向かなかったり、さまざましていますので、常に注視が必要とななっているわけです。また、これらのお金の動きは金融とも絡み合っています。このうように、不動産経営で成功したければ、不動産経営だけではなくて、その関連するさまざまなジャンルの専門知識や動向を知っておくことが重要になるわけです。

誰しもが知っている必要もない

かといって、広範な知識を身につけていくにはなかなか大変なものがあります。

資産運用というと、代表的なものでは、株式投資であるだとか、為替やファンド、投資信託や生命保険などから先物やFXなどに至るまでさまざまなものがあります。

これらのことをすべて知ろうと思うと当然のことながら無理がありますし、私たちも各分野についてはある程度しか知りません。けれど、各分野のプロの中のプロ、ホンモノがパートナーとしているので、そこからの最先端かつ重要な情報だけを収集して、活用しているところです。

私たちが知った情報の中でもさらに重要な物をこのカテゴリでアップしていきますので、上手にご活用頂けたらと思います。

金高 時道金高 時道

基本的に、私たちは不動産経営が資産運用の王様だと信じて取り組んでいます。確かに、無数にある資産運用にはそれぞれメリットとデメリットがあります。利回りの非常に高い物もあれば、より安定しているものもあります。不動産経営はそんな資産運用の中でも、金額・メリットともに最高峰のものですので、当サイトを全体的にご覧頂いて理解を深めて頂けたらと思います。

低リスクで行える5つの資産運用商品

資産運用
低リスクな資産運用

低リスクで資産を増やすにはどうすれば良いのだろうか? 今は低金利の時代で、銀行にお金を預けていてもお金はほとんど増えません。ましてや、手数料を引かれれば、増えた利息分もすぐなくなり、逆に損をしてしまいます。 資産運用をし・・・

資産運用の必要性について

資産運用
資産運用の必要性について

今、国が年金対策や資産運用を個人に薦めるようになってきました。 確定拠出年金やNISA、といった資産運用商品の紹介をテレビやニュース、新聞で見る機会が増えてきました。   そういった世の中の流れもあって、資産運・・・

ページの先頭へ