住宅ローンをうまく活用して投資の達人となる

住宅ローン

宅を買う人のほとんどが当然のことながら、住宅ローンを活用します。住宅ローンの特徴は、不動産を担保に住宅の取得費用を長期低金利の割賦で購入できる金融商品のことです。

低金利の現代では、もっとも低い金利の住宅ローンであれば、変動金利で年利0.5%とかあり得ないくらいの低利で活用することができます。

一方で、通常の居住用の住宅ローンは、あくまでも居住を目的とする不動産=自宅購入専用のローンで、セカンドハウスや投資不動産には使うことができません。

なので、それぞれ専用のローンを利用する必要があり、投資不動産用の住宅ローンや、セカンドハウス専用の住宅ローンなどがあります。これらも居住用の不動産用とは全く別物ですが、同じ住宅ローンの一種になります。

住宅ローンの種類

このように住宅ローンには、いくつかの種類がありますので、住宅ローンの種類をいくつかに分類してまとめておきたいと思います。分類される項目としては、次の3つの観点があります。

  1. 住宅取得の目的
  2. 住宅ローンの運営者
  3. 金利の仕組み

目的別の住宅ローンについては以下があります。

  1. 居住用の住宅ローン
  2. セカンドハウス用住宅ローン
  3. 投資用住宅ローン(非居住用)

また、住宅ローンを運営している業者の種別としては次のようなものがあります。

  1. 銀行系住宅ローン
  2. フラット35
  3. 信用金庫系住宅ローン
  4. ノンバンク住宅ローン

さらに、金利の種類でいろいろなタイプがあります。

  1. 変動制金利
  2. 全期間固定金利(フラット35)
  3. 一定期間固定金利
  4. 固定と変動の組合せ

これらさまざまな住宅ローンは、ユーザーのニーズによって生まれたさまざまなサービスです。例えば、一般に金利は固定期間が長いほど、安くなります。現在低金利ですが、これから先、さらに低金利になることもあれば、いきなり金利が上がることもあります。

そうしたら、変動金利で安価に借りたほうがよいか、安い金利の今のうちに固定金利にしたほうがよいかなど、いろいろと検討の余地があるのが住宅ローンです。少しでも好条件で活用するにはどうしたらよいか、ユーザーが頭を悩ませる瞬間です。

住宅ローンの活用方法

一方で、投資用不動産の住宅ローンは、一般に金利が高めです。また、商品数も居住用の住宅ローンに比べて格段に少ないです。

いずれにせよ、不動産を居住用に購入するにしても、投資用に購入するにしても、住宅ローンの活用は切っても切れない関係にあります。住宅ローンは上手に活用することによって、不動産投資の非常に有効なツールになるからです。

今後の経済情勢や不動産の動向から、金利を的確に予想し、ファイナンシャルプランナーのロジックで上手に住宅ローンを活用する。このカテゴリでは、そんな有益な情報提供を行っていきたいと思います。

金高 時道金高 時道

金利が安価になれば、実質的な投資利回りが上がります。居住用の住宅ローンの見直しも含めて検討頂けたら、かなり有益になるはずですので、各記事をしっかりとご覧下さい。高利回りははとてもよいことですが、利益という意味では、金利の節約した分も利回りの高さ以上の意味を持ちます。例えば、1万円儲けることと、1万円節約することは、ほぼ同義です。

 

 

 

不動産投資ローンと金利の実態

住宅ローン
不動産投資ローンと金利の実態

昨今、低金利の影響、将来の年金が減少する、賃金がなかなか上がらないそんな状況下でなんとか所持している現金を運用できないかと考え、不動産投資を始める方が増えてきました。 不動産投資を始める方のうち、ローンを組む方は多いです・・・

不動産投資ローンはどう選ぶ?

住宅ローン
不動産投資ローンはどう選ぶ?

投資不動産を購入する際に、ほとんどの方がローンを活用します。不動産は金額が大きいため、一括で現金が減ることを嫌がる資産家が多いことと、そもそもそんなに高額な現金を持っていない人が不動産投資をしようとするためです(富裕層で・・・

マンション売却したがよい?

住宅ローン
マンション売却しませんか

マンションを所有していると、さまざまな営業攻勢にあいます。 「チラシ」でマンション売りませんか? 「DM」でマンションこのまま持っているとやばいですよ。 「電話営業」であなたの物件買いたいお客様がいらっしゃいます。 「飛・・・

住宅ローンが払えない時の対処法

住宅ローン
住宅ローンを支払うお金がない!

住宅ローンを支払うお金がない! 夢を描いて買った念願のマイホームでも、失業したり減給になったり、さまざまな不慮の出来事で、経済的な環境が変わって、住宅購入時に想定していた通りの支払い計画を変更しなくてはいけない時はあるも・・・

ページの先頭へ