任意売却7つのメリット

まり知られていないことですが、任意売却には、7つのメリットがあります。

ほとんどの人が、任意売却っていったい何なのかを知りません。不動産を担保に借りた借金があって、返済が遅れて、債務整理を検討しはじめた人が、目にすることが多くなり、検討をしはじめたり意識しはじめたりするのが、この任意売却や競売です。

ところが、任意売却だ競売だと意識するようになっても、そもそもそれぞれがどういうものなのかを知らなかったり、任意売却と競売の違いさえもわからなかったり、任意売却がよさそうだと思っても、どう手続きすればよいかわからず結局競売をかけられたり、競売の通知が来てそこから任意売却に切り替えできるのに諦めて手続きしなかったり、さまざまな事例があります。

いずれせよ、ほとんどの人が任意売却や競売について正しい情報を持たずに過ごしてきて、いざ当事者になってもなお、何をどうしてよいかわからないのが現状です。そもそも、任意売却と競売では何がどうよくて有利なのかわからないまま過ごしているわけです。

競売と任意売却

競売と任意売却の違い

競売と任意売却は全然違います。当然、結果も全く違ったものになります。

競売は裁判所が入って強制的に不動産が売却されることなのに対して、任意売却は、あくまでも抵当権者である金融会社の合意の上で、あくまでも「任意」で不動産が売却されることです。従って、この2つは似たように感じますが、全く性質の異なるもので、完全にわけて考えるべきものです。

そもそも任意売却って何なのかというと、簡単にいえば、不動産に担保を入れている金融業者の同意を得て、不動産を売却することです。通常は、売却価格で担保を抹消できなければ、担保設定をはずしてもらえず物件を売却することができません。ところが、任意売却の場合は、金融業者が競売になって取り分が減るよりはよいだろうということで、交渉の結果担保を外してくれるものです。※任意売却については、任意売却でスッキリする方法をご参照下さい。

では、任意売却をすることはどんなメリットがあるのでしょうか。7つのメリットを解説します。以下のメリットについて、それぞれ簡単に解説します。

  1. 競売に比べて高い価格で売却できる
  2. 近所に知られずプライバシーを保護
  3. 売却代金から諸費用を精算できる
  4. 残債を分割で返済できる
  5. リースバック等で住み続けることができる可能性
  6. 引っ越し費用を捻出できる可能性
  7. 売却条件の融通が効くこと

1.競売に比べて高い価格で売却できる

まず、第1番目に挙げられるのは、競売に比べて任意売却は高い金額で不動産を売却することができるということです。競売は、裁判所の管理の下、不動産を売却する行為であり、買手が限られること、特殊な流通経路であるため、通常よりも売買価格が安くなります。

一昔前に比べて、競売を利用する人が多くなったので、多少価格相場は上昇していますが、それでも通常の相場の7~8割程度というのが現状です。

ところが任意売却は、通常の不動産流通と同じ形で売却されますので、通常の不動産と同じように取引がなされ、まったく同じ相場で売買されます。

2.近所に知られずプライバシーを保護

競売にかかると物件が競売にかけられたものだとわかるように看板などが設置されたり、紙が貼られたり、関係者が出入りしたりして、物件が競売にかけられてことがわかります。

そうなると当然近所では、あなたが競売にかけられた人であることが公になります。

ところが、任意売却でしたら通常の売買になりますので、誰にも気づかれずに普通に売却することができます。仮に、チラシ等であなたの家が売りに出されたのを知っても、普通の売買なので、競売と違って、借金を返せないためのネガティブな理由による売却だとは気づかれません。

3.売却代金から諸費用を精算できる

通常の売買では、不動産取引の際に、3%程度の仲介手数料の他に、抵当権抹消費用、(滞納している場合の)修繕積立金や管理費、固都税などを精算してからようやく所有権を移転することができます。

しかし、任意売却では、これらのさまざまな諸経費はすべて売却代金の中から充当されますので、支払う必要がありません。※このメリット3は、競売についても同じことがいえます。

4.残債を分割で返済できる

通常、競売にかけられると貸し手側の金融業者が期限の利益を喪失したとして、残っているローン(残債)を一括で支払うように求めてきます。

ところが、任意売却では少しでも多くの金額を回収できるように、任意売却の交渉時した際に残債を無理なく返済できるようにリスケすることができます。

もちろん、残債は任意売却した金額を充当したものになりますので、返済はかなり楽になると思います。

5.リースバック等で住み続けることができる可能性

任意売却する際に、親戚や業者に買い取ってもらい、今度は賃借人としてその家に住むという非常に新しいアイデアがあります。親族などに借りるか、あるいは、リースバックといって業者に借りるかの差はありますが、信頼できる人に任意売約して、そこから賃借りすればOKです。

あなたは家を手放しながら、その家を住み続けることができるようになるからです。お気に入りの住宅の場合には、継続的に住み続けることができる唯一の選択肢と言って良いと思います。

6.引っ越し費用を捻出できる可能性

任意売却すると該当物件に住んでいる場合は、転居しなくてはいけません。仮に不動産が売却できる運びとなっても、実際に売買した後に、立ち退いて物件を引き渡さない限り、次の運用ができません。

そこで、任意売却を整理したときに移転手続きがスムースにいくように売却代金の中から最大で30万円程度まで引っ越し資金を準備するよう、交渉することができます。

きちんと退去までできるように、その資金までも任意売却代金の中から捻出できるわけです。

7.売却条件の融通が効くこと

また合わせて不動産の売買について、タイミングや金額などさまざまな条件が、競売に比べてある程度自由に設定できるのが、任意売却の良さでもあります。

競売は、裁判所の指示の中で進められますが、任意売却は基本的に普通の売買とそんなに大きくは変らないので、いろいろと選択肢が出てくるためです。

任意売却を検討するなら

相談は無料です

最後に、任意売却をしたほうがよいか検討したい方は、一度詳しい状況をご相談下さい。状況によっては、あなたに「非常にメリットとなり取引条件」を見いだすことが可能になるかもしれません。

もちろん、秘密は固く守られますし、相談は無料でお聞きできますので、ご安心下さい。