ワンルーム不動産投資はどう?

ンルーム不動産投資が、本当に儲かる投資なのか、それとも失敗が約束されたものなのか。あるいは、ワンルームマンション投資をするなら、新築がよいのか中古がよいのか。はたまた、そもそもマンションがよいのかアパートがよいのか、マンションなら区分がよいのか、一棟物件がよいのか。

少しネットを調べただけでも、本当にさまざまな相反する情報が目に付くことに気が付くでしょう。

ここでは、ワンルーム不動産投資が、本当に得なのかどうか、中古がよいか新築がよいか、一棟ものがよいか区分がよいか、さまざまな疑問をお持ちの方に、結論をお伝えしたいと思います。

私が、不動産投資業界に入って30年、さまざまな事例をみてきた究極の結論になります。この内容は、ネットでいろいろと調べた中では決して出てこない、現場を知る者の本当の真実となりますので、しっかりと理解していただけたらと思います。

ワンルーム不動産投資を検証

例えばGoogleやYahoo!で、「ワンルーム不動産投資」「マンション経営」「アパート経営」などと検索すると、実にさまざまな情報が出てくると思います。(よろしければ、一度実際に検索してみてください。)

そうすると、さきほどもお伝えしたとおり、実に相反する情報にあふれていることがわかると思います。

Googleで「ワンルーム不動産投資」と検索すると、上から順番にこういう趣旨の記事が10個ならびます。(2017年10月29日の結果)

ワンルーム不動産投資検索結果

それぞれ少しずつ解説すると、次のようなものです。

「ワンルーム不動産投資」検索結果

  • 1位「ワンルームマンション投資失敗の理由」では、分譲区分のワンルームマンションで失敗する理由が、新築と中古にわけて書いてあります。
  • 2位「危ない?ワンルーム投資は本当に儲かるのか」では、ワンルームマンション投資で成功している人の事例を紹介しています。
  • 3位「【実録】わたしはこうしてワンルームマンション投資に失敗しました」では、中古のワンルームマンションで失敗した事例を挙げて、新築のワンルームマンションをお勧めしています。
  • 4位「不動産投資を都内のワンルームマンションの一択にする理由と基礎」では、東京都内でワンルームマンション投資をするのがお勧めだということが書いてあります。
  • 5位「やっぱり最初はワンルーム投資?区分マンションは安いが「金持ち」は」では、ワンルームマンション投資は安価にできるが大きく成功できないから、マンションの一棟買いをしていこうという話が書いてあります。
  • 6位「現金購入のワンルームを売却した結果、投資利回りは178%に!!」では、中古ワンルームマンションを現金で購入し、売却に成功、アパート経営も手掛けていこうといった話が書いてあります。
  • 7位「マンソン投資のメリットデメリット、リスクについて」では、ワンルームマンションがいかによい投資なのかということがリスクやデメリットも含めてQA形式で書いてあります。
  • 8位「ワンルームマンション投資は失敗する?節税効果なんてウソ?」では、新築ワンルームマンションがいかによくない投資なのかについて実体験を元に詳しく書いています。
  • 9位「新築ワンルームマンション投資は失敗する」は、8位同様に新築ワンルームマンション投資が失敗することを力説しています。
  • 10位「ワンルームマンション投資はんぜ増えているのか?」では、ワンルームマンション投資の失敗事例を紹介しつつ、ワンルームマンション投資を推奨しています。

このように、ぱっと見ただけでも、相反する情報にあふれていて、何が本当に何が嘘なのか、わかりにくくなっています。どうして、同じワンルーム不動産投資について書いたページのはずなのに、こうも書かれていることが違うのでしょうか。

なぜ矛盾する事例にあふれている?

矛盾する情報

実は、これらのサイトや記事は、一部東洋経済やダイヤモンドメディアなどのメディア関係の記事もあるのですが、基本的には不動産業者や少なくとも不動産関連業者が運営しているサイトだからです。

当然のことながら、新築ワンルームマンションを販売、紹介している業者は新築ワンルームマンションを推奨しますし、中古ワンルームマンションを販売、紹介している業者は中古ワンルームマンションを推奨しているといった具合です。

そして、逆にアパート経営や一棟マンションを販売している業者が運営してるメディアでは、分譲区分のマンションが否定されています。

つまり、どの情報も偏っていて、ある側面からみれば真実を描いているのですが、ある側面から見れば真実ではなかったりして、いずれの情報も片手落ちと言わざるを得ません。

なぜなら、公平に投資法についてメリットとデメリットが書かれているのではなく、それぞれの利権から、誘導するように情報が掲載されているからです。それはそうで、ワンルームマンション分譲会社が新築ワンルームマンションは失敗するって言ったら、その会社はつぶれてしまうからです。

また、各メディアは、メディアであって、投資や不動産のプロではないので、専門性に欠けて正しい知識を必要十分にもっているわけではありません。

新築ワンルームマンション投資について

新築ワンルームは失敗する?

例えば、上記の内容を見ると新築のワンルームマンション投資については、失敗するとか損するとかそんな情報が多く目立ちましたが、これもまた片手落ちの情報です。

確かに新築マンションは、価格が高い上に分譲された途端価格が下がりますし、家賃もすぐに下がるし、利回りは極めて低いしよいことはあまりないように感じるかもしれません。

しかし、今でも分譲区分のワンルームが販売されて新聞の一面広告が掲載されたりすると、一切営業しなくても一定割合は売れていくようです。

また、30年後に一番建物が新しいのは、新築のマンションですし、新築は過去の物件に比べるとすべてにおいて最新のテクノロジーが使われていることが多いです。

つまり、新築ワンルームには新築ワンルームでニーズがあり、メリットもあるということです。投資スタイルは人によって違いますし、求める結果も違います。私が知っている投資家の方でかなり豊かな方でも、不動産は分譲区分の新築ワンルームマンションしか買わない人だっているくらいです。

一体どれが真実か?

真実は何か

じゃあ、何が本当で何が嘘なのでしょうか。少し掘り下げて解説したいと思います。

まず、不動産投資にはさまざまな種類があって、それぞれメリットとデメリットがあり特徴が違います。また、購入する人もお金持ちもいれば、お金はあまりないけれど金融的な信用はあるという人もいますし、小金持ちもいます。

そして、それらの人が求める資産運用もそれぞれ全然違うということになります。

情報が錯そうする理由

なぜ、同じワンルーム不動産情報を取り扱ったサイトでも、こうも情報が違うのかというと、業者の取り扱っている商品が違うのはひとつの理由でしたが、それだけではありません。

たくさんの人が、それぞれにあった方法でそれぞれの求める資産運用をすれば問題なかったのに、業者の意向に従って、目的にそぐわない投資を実践して失敗する人が多くいたからです。

例えば、キャッシュが非常に少ない大手サラリーマンが将来の年金対策をしたければ、新築ワンルームマンションは比較的ニーズを満たします。担保評価が高くて、借りられるお金の割合が高くなりますし、長期にわたる運用に耐えることができるからです。

一方で、キャッシュで不動産を買ってお金を増やしたい方にとっては、新築ワンルーム不動産は全く適しません。利回りが低いし、数年で売却しても元が取れないことが多いからです。けれどそういう方には一棟マンションも適さないことが多いです。価格のグロスが高くなって現金で買おうとすると相当なお金持ちでないと購入できなくなるからです。

不動産投資で成功する方法

以上のように、それぞれの人の経済的な状況、それぞれの人の不動産投資をする目的に合わせて、不動産投資の特徴に合わせて、取り組み方を変えることが、不動産投資で成功する秘訣ということができます。

そして、何よりも一番大切なことは、あなたがあなた自身を知って、あなたがどう投資をしたいか、投資した結果どうなりたいか、何を得たいかをしっかりと明確にすることです。

そうすることで、必然的にあなたに適した不動産投資スタイルが見つかることになります。

大神 健志大神 健志


もしあなたが、不動産投資に興味はあるけれど、いろいろなことが明確にならないのでしたら、一度詳しいお話を聞かせてください。私なら1時間であなたの現状を把握して、あなたの願望を明確にすることができます。しかも、今なら無料でお話をお聞きできますので、気軽にお問合せください。

※注:現在お問い合わせが増えており、無料カウンセリングまでお待たせすることがあります。ただ状況によって空いた日程や隙間時間に予定を入れることが可能なケースもありますので、興味のある方はすぐに問い合わせくださることをお勧めいたします。