不動産経営5つのポイント

動産経営は、マンションやアパートを購入し、人に貸して家賃収入を得ていくことです。

継続的に入居者が付けば、毎月家賃収入を得て、資産を増やすことが出来ます。

しかし、どんな物件でも入居者が継続的について家賃収入を得れるわけではありません。

継続的に入居者を付けるためにも、不動産経営では押さえておくべきポイントがあります。

 

今回の記事では、不動産経営を行う上で必ず押さえておくべきポイントを5つ説明しました。

不動産経営について

不動産経営について

不動産経営は、マンションやアパートを購入し、人に貸して家賃収入を得ていくことです。また、継続的に家賃収入を得ながら物件を売却した際に、売却益を得ることも出来ます。

 

不動産経営を行う場合、不動産物件の種類は以下の4つがあります。

 

  • 区分マンション
  • 一棟マンション
  • 一棟アパート
  • 戸建て住宅

 

それぞれの不動産経営について、簡単に概要を説明します。

区分マンション

区分マンションの経営は、分譲タイプのマンションの一室を購入し、人に貸して、家賃収入を得ていくことです。

一棟マンション

一棟マンションの経営は、マンションを一棟丸ごと購入し、人に貸して、住んでいる全入居者から家賃収入を得ていくことです。

一棟アパート

一棟アパートの経営は、アパートを一棟丸ごと購入し、人に貸して、住んでいる全入居者から家賃収入を得ていくことです。

戸建て住宅

戸建て住宅の経営は、戸建ての住宅を購入し、人に貸して、家賃収入を得ていくことです。

不動産経営についてまとめ

以上、不動産物件の種類は4つあります。

 

  • 区分マンション
  • 一棟マンション
  • 一棟アパート
  • 戸建て住宅

 

それぞれ、物件の種類は異なりますが、不動産経営は家賃収入を継続的に得ていくことが基本になります。

不動産経営5つのポイント

不動産経営5つのポイント

前述したように、不動産経営の種類は4つありますが、それぞれ共通することは一つです。

それは、入居者が求めている物件を選定することです。

入居者が求めている物件でなければ、継続的に入居が付かず、家賃収入が安定して入ってこないからです。

その求めているものを満たすためにも重要なのが以下、不動産経営5つのポイントを押さえることです。

 

  1. 立地と環境
  2. 建物管理
  3. 専有面積と間取り
  4. 室内の差別化
  5. 賃貸管理会社

 

それぞれ説明していきます。

1.立地と環境

物件の立地と環境の条件を絞って、入居者は物件を選定する場合が多いです。

具体的には、物件が駅から歩いて近いこと(徒歩10分圏内)、物件周辺の利便性が良いこと(コンビニやスーパーがある)です。

極端ですが、物件が駅から歩いて遠いこと(徒歩20分圏内)、物件周辺の利便性が悪いこと(コンビニやスーパーがない)。これら立地と環境の条件が悪い物件は、入居者が選ぶ対象から外れることが多いです。

2.建物管理

建物の外観や内観が清掃されたり、古い設備が修繕され整っていれば、入居者から見て魅力的な物件に映ります。

入居者は物件を見る時、まず建物の外観が目に入ります。第一印象からその物件に住みたいかどうかに大きな影響を与えますので、建物管理の状態を良好にする必要があります。

3.専有面積と間取り

部屋の広さや間取りから、物件を決める場合もあります。あまりにも狭すぎる物件だと、圧迫感があり、入居者から好まれない場合があります。

ある程度の広さ以上(約18㎡以上)の物件が比較的入居者ニーズが高いです。

4.室内の差別化

どこにでもありそうな内装の物件では、入居者ニーズに合わない場合があります。

デザインクロスを使ったり、部屋の間取りを変えたり、他の物件と差別化することによって、入居者が「この部屋に住みたい!」と思い、的確にニーズに応えることが出来ます。

5.賃貸管理会社

賃貸管理をする会社の質によって、入居者が早く着くかどうかが決まります。

物件にいち早く入居者を付けるため、インターネットにスピード良く物件を掲載したり。空室になった際に積極的に広告活動をしたり。と空室を埋めるために賃貸管理会社がどれだけ、前向きな姿勢か?管理会社の質が重要になります。

立地と環境が最も重要

立地と環境が最も重要

特に重要なのが、物件の立地と環境の条件です。

入居者が立地と環境の条件を第一優先に絞って、物件を選ぶ場合が最も多いからです。

 

入居者目線で考えたときに、

  1. 駅から近く(徒歩10分圏内)、利便性が良い(近くにコンビニやスーパーがある)物件
  2. 駅から遠く(徒歩20分以上)、利便性が悪い(近くにコンビニやスーパーがない)物件

 

1.と2.の物件があった時に、入居者はどちらの物件を優先的に選ぶでしょうか?

1.か2.の選択肢であれば、当然1.の物件を優先的に選んで決めます。

1.の条件で絞り、さらに自分好みの物件を選定していく傾向が強いです。

 不動産経営5つのポイントまとめ

以上、不動産経営で押さえるポイントは以下の5つです。

 

不動産経営5つのポイント

  1. 立地と環境
  2. 建物管理
  3. 専有面積と間取り
  4. 室内の差別化
  5. 賃貸管理会社

 

1.の立地と環境の条件が最も優先される項目、と前述しました。しかし、それが全てでもありません。

中には、2.「建物管理」~5.「賃貸管理会社」の条件を重視して物件を選びたいと考える入居者もいます。

不動産経営5つのポイントを押さえること

不動産経営5つのポイントを押さえること

いずれにせよ、不動産経営5つのポイント、特に立地と環境の条件を押さえることで、継続的に入居者を付けて、家賃収入を安定的に得ることが出来ます。

逆に、それらのポイントを押さえておかなければ、空室のリスクは高まり、安定した家賃収入には繋がりません。

 

入居者の目線に立ち、入居者が求めている物件(不動産経営5つのポイントを押さえている物件)を選定することが重要になります。

中野 拓中野 拓

今回は、不動産経営5つのポイントをお伝えしました。

5つのポイントを押さえた実際の物件について、詳しい話をお聞きになりたい場合はお気軽に問い合わせください。

実際にどのような物件を選ぶべきか、ご紹介します。