マンション売却しませんか

マンションを所有していると、さまざまな営業攻勢にあいます。

  • 「チラシ」でマンション売りませんか?
  • 「DM」でマンションこのまま持っているとやばいですよ。
  • 「電話営業」であなたの物件買いたいお客様がいらっしゃいます。
  • 「飛び込み営業」でマンション売った方がよいですよ。
  • 「インターネットのメール」による連絡

メッセージの種類は、本当に多種多様で、とにかくマンションを売りましょうというお誘いの連絡が絶えないと思います。実際に、住んでいるマンションであれば、そう簡単には売ろうとは思わないでしょう。なぜなら、今現在自分が住んでいる住居なわけなので、簡単にはいかないからです。

投資物件なら売却しちゃう?

しかしそれが、普段住んでいないマンション、例えばセカンドハウスのマンションや不動産投資、マンション経営で利殖目的で購入した投資用の物件だった場合、全く異なる話になってきます。なぜなら、すぐに手続きだけで売却が済んでしまうからです。

よくあるチラシには、このようなメッセージが載っています。

不動産は、これから空室率が上昇して、借り手がつかなくなります。そうしたら、当然価格が下がります。損しないよう今のうちに売却しませんか?

このように、マンションオーナーさんの恐怖心をあおって、一気に売却させようとします。

今なら3000万円で売れます

あるいは、次のような話もよくあります。

あなたの持っているマンションを買いたいと言っている人がいて、今なら相場の倍くらいの価格(具体的な金額)で買うと言っている。すでにそのお客様はお金を持って会社に来ているのですぐに判断してほしい。

普通じゃありえないような好条件の取引を持ちかけて、いましかないと思わせて売却に持ち込もうとします。この場合、実際に相場の2倍くらいの価格で買いたいと言っている人がいるというのは、「嘘」で、あとからいろいろと理由を話して、なんだかんだで相場より安い価格で売却させようとします。

なぜ売却せよっていうの?

なぜ売却?

このように、不動産オーナーの元には、たくさんの「売却しませんか」という情報やお誘いが、次から次、巧妙な手口で来ることになります。

なぜなら、不動産は売り買いされることで、間に立つ不動産業者が儲かる仕組みになっており、不動産は価格が大きいので、1件売買されたら最低数十万円以上の利益が、発生するからです。

売る物件がないと、売ることができない不動産業者さんが多いので、売る物件がないと商売にならないから、常に不動産業者は売却させたがるわけです。

なぜあなたの情報知っているの?

どうして業者は、あなたが不動産オーナーであることを知っているかというと、不動産の登記簿謄本やマンション所有者リストという名簿を見ているからです。それらの情報を元に電話してきたり、DMを送ってきたりします。

不動産登記簿謄本は、お金さえ払えば誰でも見れますし、どうやってるかは企業秘密のようですが、個人情報を売買する業者さんは、たくさんあります。これらの情報屋さんは、さまざまな個人情報を持っており、データとして売買しています。(個人情報保護法にはひっかからないように営業しています。)

ちょっとまった!売却

ちょっと待った!売却しないで

このような背景から、たくさん売却のオファーが来ることになるのが不動産オーナーの宿命なのですが、本当に売却した方が良い人というのは、ほとんどいません。

不動産は、売却してしまうことが、利益や損失を確定させることになります。

確かに、バブルの前頃不動産を所有していたとしたら、平成元年頃までに売却して利益を確定していれば大きな利益を出せたと思います。しかし、不動産が右肩上がりに価値が上昇しない社会にあっては、売却して利益を確定するのは難しいケースが多いです。

本来的には不動産は売却せずに長期保有して利回りで運用していくことがメリットの最大化になることがほとんどだからです。

わかっちゃいるけれど

そして、オーナーさんのほとんどが、そのことはわかっているのですが、業者がこれだけ頻繁に連絡してきたり、チラシを入れたりDMを送ったり繰り返すのにはそれなりのわけもあったりするのです。

それは、普段はどんな情報が来ても心が揺れない人だって、タイミングによって、売ってしまいたいと思ってしまうタイミングがあったりするものです。

例えば、会社をクビになって、将来のお金に不安が出てきたとか、あるいは先日ちょうど新聞で報道されたのですが、「日銀が不動産投資に警鐘」という記事を読んだとか、いろいろな状況によって、人の心は簡単に動いてしまうときがあるのです。

それは、あなたも例外ではありません。

この記事を思い出して!

思い出して!

今は絶対に売らないと思っているかもしれませんが、状況によっては、売って楽になろうかなとか、魔が差すことは絶対に起こります。

その時はどうか、この記事をのことを思い出して読んでみて下さい。

きっと、業者の口車に乗せられそうになっている自分に気づくはずです。そしてその上でしっかりと業者に伝えてしまいましょう。

マンションは売却しません、と。

※ここまで、マンションを売却しないほうがよい前提で話を勧めてきました。しかし、もちろん売るも売らないも、オーナーさん自身の選択です。利益を度外視するのであれば、売ろうが売るまいが、あるいはいくらで売ろうがそれはオーナーさんの責任であり、自由です。

場合によっては、マンションを売却してしまったほうが、いろいろと楽なケースもあるでしょう。そういう意味では、私たちはすべてのマンションの売却に反対するのではないことを明記しておきます。不動産は、「適切」に取り扱うことがもっとも大切なので、しっかりとその当たりの考え方もお持ち頂ければと思います。

大神 健志大神 健志

売却するにせよ、しないにせよ、迷われたらぜひ一度ご相談下さい。不動産のプロとしてあなたの願望を実現する選択を後押しします。あと、不動産業者によっては不当に安価に売却させるところもあるので、気をつけて下さいね。