不動産投資の相談

動産投資を検討している人や不動産経営に取り組んでいる人が、判断に迷うようなことがあったり、あるいは悩んだりした時に、どこに相談すればよいでしょうか。

すでに不動産投資をしている方で、販売業者や賃貸管理会社の担当やコンサルタントがついている場合は問題ないです。

(もちろん、その業者、その担当者が不動産投資について詳しい知識を持っており、あなたに有益な情報をもたらせてくれて、不動産投資を成功に導いてくれるのであれば、の話ですが。不動産業者、コンサルタントの中には、不動産投資の本質を知らず、顧客の利益のためではなくて、自社の利益のためだけを考える者もありますので、注意が必要です。)

まだ買っていない人などは別

しかし、例えばまだ不動産を一軒も持っておらず、これから検討したいという方で、「どの業者から買うか」も含めて検討中の方や、業者から営業かけられているけれど、どうもいまいち担当や業者を信用できないから、セカンドオピニオン的に、業者が売り込む情報が正しいかどうか確かめたいという方など、しっかりとした相談窓口が欲しいと思う方は多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、不動産投資について相談したい場合、誰に相談したらよいか、相談相手の探し方と信頼に足る業者かどうかを見極める方法について解説したいと思います。

きわどい業者は多い

悪徳業者

私のお客様のある方は、ある業者へセカンドオピニオン的に相談したら、もともとの業者から受けていた説明や紹介された物件にケチをつけられて、「あなたは騙されています」と断言されて、全く別の物件を紹介されたとのことです。

あまりにも異なる2人の意見(当初の営業マンと後から聞いた営業マン)を受けて戸惑っていたところに、私たちに問い合わせが来て、本当の意味でセカンドオピニオン的に、2業者の提案書や紹介物件について分析させてもらいました。

驚くべき結果が。。。

その結果、最初に物件を紹介していた業者は非常に真っ当な話をしていて、よい物件を紹介しており、信頼に足る業者だということがわかったのです。後から相談した業者のほうは、劣悪な物件を紹介した上に、最初の業者を嘘を言って信頼性を下げる行為をして、自社の劣悪な物件を販売しようとしていたことがわかりました。

このように、不動産業界には、残念ながらさまざまな業者が存在しており、中には悪徳業者なのではないかと疑わざるを得ないような業者までいるのが実情なのです。しかも、自社の儲けや自分の利益しか考えないような業者は、比較的身近に存在しているのが、残念ながら真実ということになります。

どうやって正しい人と出会うか?

正しい業者はどこ?

じゃあ、どうやってよい業者か、悪い業者か見極めたらよいのでしょうか。

まず第一に検討されるのは、営業マン、コンサルタントの感じの良さです。誠実な従業員がいる業者は誠実で真っ当な業者であることが多いです。なので、担当する営業マンやコンサルタントが誠実の場合は、業者が信頼に足る存在である可能性は高くなります。

ところが非常に難しいのが、人当たりがよくすることは、詐欺師や悪徳業者でもできるということです。私が知っている中でも、非常に感じの良い誠実そうな営業マンだったが、詐欺師だったというようなこともあります。なので、「誠実に見えること」や「人当たりの良さ」で判断するのは難しいと言えます。

宅建業者としての歴で見極めるか?

また、不動産業者であれば、宅建番号があります。例えば、東京都知事(1)第25462号とか、国土交通大臣(4)第87456号とかの数値が宅建番号なのですが、この()の中の数字は免許を取得してから、更新された回数を示しています。

従って、数値が大きいほど宅建業者としての業歴が長いということになります。

宅建業者は、消費者を騙したり、法律に違反するなどして、消費者に損害を与えるようなことをすると、免許停止になります。なので、()の中の数値が大きい業者は、その回数だけ免許の更新をしているわけなので、少なくとも数年以上法に触れるような悪いことはしていないことになります。

業歴=優良業者に基準??

しかし、だからといって、お客様第一の利他的な業者かというと、それもまた違います。宅建業者としての業歴は長くても、自社の利益ばかり追求している業者もたくさんありますし、今は大丈夫かもしれませんが、これまでの積み重ねで近々で倒産する業者だって中にはあるでしょう。

従って、宅建番号はひとつの目安とはなりますが、確実に信じられるものではありません。

口コミやネットの情報?

また、何か信頼できるかを検討する際にネットで情報を集める人も多いです。

口コミや評判などを、さまざまな情報源から引いてきます。ブログや掲示版、SNSなど、ソースはいくらでもあります。しかし、これらのインターネット上の口コミはほとんどが匿名で行われていて、真偽のほども定かでないものがほとんどなので、当てになりません。

業者選びは究極の問い

究極の問い

このように、信頼に足る業者かどうかを判別するのは難しいということができるでしょう。

正直正しい知識を持ち合わせて、業者が言っていることが正しいかどうか、あるいは業者が提案することが本当に言っている通りのことなのか、見極める必要が出てきます。

つまり、単一業者を一般の人が一社だけ観て判断するのは極めて難しいということができるということになります。できることは、複数社の営業マンやコンサルタントの話を聞いて、比較検討することでよい業者をようやく見つけることができるということになります。

もちろん、私どもにお問い合わせ頂ければ、無料で相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせください。もちろん、無理に商品を買わせようとしたり、契約を迫ったりするようなことは一切ありません。どのプランがよいか、どの業者がよいか、しっかりとあなたのメリットが最大化するようにアドバイスさせて頂きます。

大神 健志大神 健志

正しい業者を見極めて、正しい知識を得て、正しい行動ができるように全力でサポートします。お気軽にお問い合わせください。無料で対応させて頂きます。