資産運用の始め方

産運用に関するさまざまな情報を取得したあなたに、具体的な資産運用をスタートするステップを紹介します。あなたはここに書かれている内容を順番に実践するだけで、決して失敗することのない効果的な投資ライフをはじめられます。

ここでは、資産運用初心者の方が、どう資産運用をスタートさせたらよいか始め方を詳しく解説していきますので、必ず順番にステップを踏んで実行してみてください。※資産運用をどう考えて取り組めばよいかの概要については、資産運用初心者は必ず読め!をご参照下さい。基本的にはこの流れを踏襲して、解説していきます。

資産運用のゴールをセッティング

ゴールセッティング

まずあなたがすべきことは、資産運用のゴールを決めることです。資産運用のゴールとは、あなたが最終的にどういう利回りを得ていけるようになりたいかを明確にしたものです。

ゴールは当然のことながら、あなたの状況やstageによって変わってきます。例えば、年収300万円の時にゴールとして決めていた内容と年収500万円の時と、年収1,000万円の時とでは、すべて異なるものです。

収入も違えば、投資に回せるお金も変わります。収入が同じであっても、ライフスタイルが変われば、投資のゴールも変わってきます。なので、あまり肩肘はらず、現段階の目指すべきゴールを決めていくようにしましょう。

例えば、このページに書いている資産運用のステップの流れに従って投資をスタートして、最終的には20年後定年する時までに投手不動産から毎月10万円の家賃収入を得られるようにしていきたい。

こんな感じで、まずはあなたが資産運用、投資に求めるものをゴールとして当てはめます。そして、いったんゴールはおいておき、あなたの現状の資産を分析します。これが終わると、ゴール=求める姿と、現実の間にあるギャップを明確にできるので、その間を補う方法を設計すればよいということになります。

あなたの資産の現状分析

あなたの資産状況を分析する

それでは、次にあなたの現状を分析していくことにします。

あなたの状況を以下に書き出してください。※現状全然資産がなくても、借金まみれでも問題ありません。大切なことは、ゴールと現状のギャップを明確化して、それを埋める計画を立てていくことになります。

  1. あなたの預貯金はいくらですか?
  2. あなたの金融資産は(保険等)いくらですか?
  3. あなたの借金はいくらありますか?
  4. 持ち家の場合は、今売却したらいくら手元に残りますか?

資産というのは、あなたが持っている金銭的な価値のあるものから、借り入れを差し引きしたものとなります。現金以外の資産については、今換金したらいくら手元に残るかという時価を計算することになります。

例えば、住宅ローンが2,000万円残高があって、マンションを売却した場合に残るお金が1,800円の場合は、資産は△200万円ということになります。

投資余力はいくら?

投資できる余力はいくら

さきほどの数値を計算して、以下を求めて見てください。

  • あなたの純資産はいくらありますか?(1+2+4-3)
  • あなたの投資に回せるお金はいくらいになりますか?(1-半年分の生活費)
  • あなたの毎月貯められるお金はいくらありますか?

これが、現状のあなたの資産状況です。純資産がいくらあるのか、いくら資産運用にお金を回せるのか、そして、毎月いくら資産運用に回せるのかを示したものです。

このうち、投資に回せるお金が、300万円以上ある場合は、不動産投資にすぐ参入して大丈夫なので、下記の投資をすべてスタートしても大丈夫です。

逆に、投資に回せるお金が300万円未満の場合は、株式投資と保険の2つから取り組んで見て下さい。

また、投資に回せるお金がない場合は、まず毎月の積み立てをしてください。そして種銭を作って株式投資をして、種銭を増やして、いきましょう。同時に、日々の生活の保障が不足している場合は、保険商品での投資をスタートして安全を担保してください。

※基本的に保険商品への投資は、毎月のキャッシュフローの中で余剰資金から投資していくもので、株式投資と不動産は預貯金から投資するものです。従って資金源が若干異なりますので、その捉え方に注意してください。

保険商品の選択

保険商品を購入

保険商品での運用については、基本的に外貨貯金タイプの積立保険を利用することにします。利回りは状況によって異なりますが、数%のものが保険会社によってはありますので、あなたに適した商品を選ぶようにしてください。(また、為替リスクをしっかりと組み込んで、損のないように設計する必要があります。)

その際、信頼できるライフプランナーさんとかファイナンシャルプランナーさんに、設計してもらうのが一番よいことになります。

信頼できる保険のプロって、保険の窓口とかそういったところに行けば良いのですか?と聞かれることが多いですが、ほとんどの場合Noです。たしかに、ショッピングモール等にある保険の窓口のような会社は、複数乗り合いの保険会社から一番よい業者のものを選べるというメリットがあります。

しかし、窓口の担当者に金融の知識が不足していたり、料率の高い商品という売る側の視点で商品選定されることがあります。なので、一番よいのは、保険を取り扱っている人が信頼できるかどうかで見ることが大切です。

信頼できるかどうかのひとつの目安は、該当保険業者に10年以上いるかどうか、という点です。保険の世界は、厳しい世界なので、10年生き残った人はかなり優秀ですし、お客様からの支持をもらっている可能性が高いからです。

もし、目利きが難しい、よいプランナーさんを知らないという方がいらっしゃいましたら、私どもが最強のプランナーさんをご紹介します。

※私たちとお付き合いのある保険のプランナーさんたちは、お客様の人生を本当によくすることだけを考えて保険を選ぶプロフェッショナルです。従って、何年にもわたってお客様からの高い支持を集めて、世界トップくらいの優秀な成績を維持しています。おそらく普通に暮らして居ては出会えないレベルです。

株式と証券会社を選ぶ

株式投資

株式運用についてですが、まずは、証券会社に口座を解説するところからスタートしましょう。ネット証券であれば、多くの会社が売買手数料が安いです。

なので、例えば松井証券とかSBI証券などで1口で構いませんのでまずは、口座を開設してください。開設方法は非常に簡単で、ネットで申し込みが完結できますので、やってみてください。

次に証券口座が開設したら、株式の売買に移ります。

ただし、株式は運用を自分でしようと思うと非常に難しい側面があります。なぜなら、株が上がるかどうか、あまたある株式のうちに運用に適した株はなにかを比較検討するのは、容易ではないからです。

なので、私たちは専門の株式情報サービスを活用して、売買を推奨してもらって、運用しています。餅は餅屋ということで、プロの情報を買って、自己責任で運用するということになります。

自分で購入や売却のタイミングを計る必要がないので、本業へ支障をきたすことなく、運用できますのでオススメです。しかもかなり高確率で利益が出ます。ご希望の方はお問い合わせ頂けましたらご紹介致します。

投資不動産を選ぶ

投資、資産運用のキングは、不動産投資です。不動産投資は、お金を運用するものです。よくフルローンで投資だとかいう人もいますが、フルローンはお金を出さないので、投資とは呼べません。

そもそも、お金がない人が投資をすると万が一空室が発せいした際に、ローンを支払えないで破産するリスクが生まれます。従って、基本的にお金がない人がローンをたくさん使って不動産投資をするのはリスクが高いと考えてよいと思います。

ある程度資金的な余裕がある人は、不動産投資に乗り出してもらって、最強の資産運用を試してみてください。他の資産運用とは違った安定性とキャッシュフローを得ることができます。

ちなみに、不動産投資については、私たちとこのサイトが情報のプロなので、一度問い合わせ頂くかあるいは、このサイトをしっかりと読み込んでみてください。どうしたらよいか、指針が明確になってくるでしょう。