資産管理の達仁com

お問い合わせ
マンション経営でいち早く空室を解消する方法

マンション経営で物件に付加価値を付けて空室を解消する方法

「一度空室になるとなかなか次の入居者が決まらない。収益が落ちるので簡単に家賃を下げることも出来ない。空室を解消する何か良い方法はないだろうか。」 長期間空室が続き、何とか次の入居者を付けれないかと、試行錯誤しているオーナ […]
不動産投資・地震リスクへの3つの対策

不動産投資・地震リスクに対する3つの対策

不動産投資を始めようかどうかと検討している方の多くが、必ず心配されることがあります。それが、大地震が起こることで不動産投資に悪影響があるのではないかということです。 日本は過去、阪神淡路大震災や東日本大震災などさまざまな […]
サブリース契約の解約に業者が応じてくれないときの対処法

サブリース契約の解約に業者が応じてくれない場合の対処法

サブリース業者は、サブリース契約の解約に簡単には応じてくれません。 それは、物件借主の立場ということもありますが、根本はサブリース契約を継続することで業者に安定的に利益が入ってくるからです。 オーナーが業者に問い合わせて […]
サブリース物件をうまく売却するにはどうすれば良いか?

サブリース物件に付加価値を付けて売却する方法

サブリース契約を結べば、空室リスクをサブリース会社が担保してくれるのでオーナーにとっては、メリットがあります。 しかし、不動産経営をしていく中で、急遽まとまった資金が必要になったり、賃料が減額となって収益性が得られなかっ […]
インカムゲインとは何か?不動産投資王道の資産形成について

インカムゲインとは何か?不動産投資王道の資産形成について

インカムゲインとは、資産を保有することで継続的に得られる収益のことです。 例えば、身近な例でいうと預金していることでわずかに得られる受取利息、国債を保有することで得られる受取利子、株式投資の場合、企業から受け取れる配当金 […]
不動産投資は赤字でも本当に大丈夫なのか?

不動産投資で赤字を出した時の考え方

不動産投資を始めると、空室期間が長期化して支出が多くなったり、必要経費が多くなったり、さまざまな事情から赤字を計上する場合があります。 不動産業者から「赤字でも、節税になるので大丈夫ですよ」なんてことを言われた経験がある […]
不動産投資の初心者はまず何から始めたら良いの?

不動産投資の初心者がまず最初にすべき情報収集のキモ

「不動産投資を始めたいけど、まず最初に何をすればよいのでしょうか。当然、情報収集からすればよいと思うのですが、あまりにも情報がたくさんあって、どれを選べばよいかわかりません。」 初めて不動産投資をしようと検討しはじめる方 […]
不動産投資で成功するにはどうしたらよい?中古マンション経営成功の5つの条件

不動産投資で成功するにはどうしたらよい?中古マンション経営成功の5つの条件

不動産投資で成功するにはどんな条件を押さえれば良いですか?成功している不動産投資家はどのようにしているのですか? 長くマンション経営コンサルティングをしていると、このように質問されることは多くあります。   不 […]
不動産投資のキャッシュフローについて理解する

不動産投資のキャッシュフローについて理解する

不動産投資は、物件を購入し、それを人に貸して、家賃収入を得ていくことで資産を増やしていきます。 家賃収入が入ってきて、それが丸ごと手元に残るわけではなく、管理費・修繕積立金、管理代行費、ローン返済などのさまざまな支出があ […]
サブリースの問題点・2つの事例から読み解く

サブリースの問題・2つの事例から読み解く

サブリースは、物件の選定ミスや業者側の不適切な対応などから、さまざまな問題へと発展します。 サブリースの問題について、過去NHKで取り上げられたこともありました。 参照記事:クローズアップ現代、アパート建築が止まらない […]
20代からの資産運用でオススメは不動産投資!マンション経営で必ず成功する秘訣

20代からの資産運用でオススメは不動産投資!マンション経営で必ず成功する秘訣

「資産運用を始めると言っても、何から始めて良いかわからない。」そう思っている20代の方もいるのではないでしょうか? 年金が当てにならず将来は自己責任と言われる時代にあって、資産運用は確かに必須なのはわかります。 とはいっ […]
不動産投資で借金をしても大丈夫なのだろうか?ローンを活用するメリットとは?

不動産投資で借金をしても大丈夫なのだろうか?ローンを活用するメリットとは?

初めて不動産投資をする方の中には、ローンを活用して借金をして投資することに、心理的な抵抗を感じる方もいると思います。 一般的に「借金をする」というのは、決して良いイメージはなく、どちらかというと「悪いこと」と捉えられてい […]